グラドルさながら!? あの“お騒がせアーティスト”がついに手ブラを披露!

メンズサイゾー / 2014年6月26日 17時0分

写真

 昨年10月、自身初のバンド「鬼束ちひろ&BILLYS SANDWITCHES」として初ステージを踏んだ鬼束ちひろ。今年1月からは同名義での全国ツアー「Heart Beat Tour 2014」を開催し、東京、名古屋、大阪の3都市で8公演を行った。

 9月24日には、バンドとして初のアルバムとなる『TRICKY SISTERS MAGIC BURGER』をリリースすることを発表した鬼束。同アルバムはバンド名義ではあるものの、鬼束のオリジナルアルバムは約3年半ぶりとなる。同作には、6月28日公開の映画『呪怨 -終わりの始まり-』の主題歌「祈りが言葉に変わる頃」のバンド演奏バージョンが収録されており、初回限定盤には約50ページの写真集ブックレットがつくなど、満を持した1枚となっている。

 これに合わせて公開されたアーティスト写真では、裸の状態で仰向けに横たわった鬼束が左腕で胸元を隠すという手ブラショットを披露している。鬼束とアートディレクターで相談して決められたというこのカットについて、ネット上では「グラドルさながら」「色白むっちりでいいね」「セクシーだな」という声が上がっている。

「鬼束は以前から隠れ巨乳として知られており、その大きさはFカップともいわれていますが、ボリューム感あふれるバストはさすがに見事ですね。アーティスト写真でのセクシーショットといえば、昨年6月に中川翔子が『続 混沌』で裸体に黒テープを巻きつけられた“黒リボンミイラ”の姿を公開して話題になりました。また、小泉今日子も90年代にギターで股間を隠したようなセミヌードをCDジャケットで披露したことがあります。鬼束の手ブラは現在公式サイトのトップ画面にも表示されていますが、それらの流れを彷彿とさせるショットですね」(芸能ライター)

 2000年にデビュー後、「月光」「眩暈」などのヒット曲を飛ばし、透明感のあるルックスで人気を集めた鬼束。しかし、最近はド派手な出で立ちとエキセントリックな言動が注目を集めることが多く、昨年『アウト×デラックス』(フジテレビ系)に出演した際には「リフレッシュ!」「ディスイズアペン!」となぜか英語で脈絡もなく叫ぶなど暴走、ネット上では「放送事故レベル」として語り継がれている。また、昨年10月にはツインテールに白塗りメイクでピンクの水玉スカートと網タイツ、両手に水鉄砲というエキセントリックな姿がサイトに掲載され、精神状態を心配されたりもしていた。

 しかしながら、昨年12月には全国ツアー「Heart Beat Tour 2014」に合わせて、黒髪にすっぴん風メイクで白いドレスに身を包んだ、シンプルなアーティスト写真を公開。その姿に「一周回って元に戻った!」「やっぱりナチュラルがいい」などの声が上がり、過去の曲の歌詞から「腐敗した世界から奇跡の生還」と言われるなど、盛り上がりを見せた。

「基本的には、昨年の“生還”から大きな変化は見られませんが、若干太ったように見えることから、『長澤まさみの劣化版みたい』という声も見られます。また、ネット上ではメンヘラキャラとして認知されている鬼束だけに、過去の精神不安を心配するファンの中には『また変な方向に向かってないか』『いったい何がしたい』という見方も広がっています。迷走といえば迷走ですし、らしいといえばらしいのですが…」(同前)

 一度ナチュラル路線に戻った後、今度はセクシー路線に舵を切ったかに見える鬼束。最近はお騒がせアーティストとしての一面ばかりがクローズアップされるだけに、そろそろ落ち着いた活躍でファンを安心させてほしいものだが…。
(文=津本ひろとし)

メンズサイゾー

トピックスRSS

ランキング