「しれーっと」女優転向&「あやまんJAPAN」法人化!! 清楚な黒髪が可愛いと評判のあやまん監督!

メンズサイゾー / 2014年7月7日 15時30分

写真

 6日に放送された『有吉反省会』(日本テレビ系)に、かつて素人女性エンターテイメント集団として一世を風靡した「あやまんJAPAN」のあやまん監督(35)が出演。下品でハイテンションな宴会芸を売りとしたあやまんJAPANの活動から一転して女優を目指していると告白。その様子があまりにも「しれーっとしていたこと」を反省するために番組に登場した。

 この日、黒髪をまとめた清楚な装いでスタジオに現れたあやまん。以前のとんでもなく高いテンションは影を潜め、「あの頃はあれが本当に楽しかった」とあまりにも低いトーンで語る姿には、MCの有吉弘行(40)も「ただただ声が小さいおばさん」と呆れるほどで、「年齢を重ねるとともに楽しくなくなってきたりとか…」「どれが本当の自分か分からなくなってきていて…だから何かを演じていた方が自分らしい」と現在の心境を吐露するも、「なんでもいいんだけどさ、元気出して欲しいのよ!」と有吉にツッコまれる始末だった。

 今はオーディションに応募しているというあやまんは、舞台などにも出演しており、夏木マリを目標に女優業に励んでいるという。当時の面影はまったくなかったが、女優として活動していきたいという思いは本物のようだ。そんなあやまんに対して、ネット上では、「黒髪似合う」や「今のほうが断然いい」、「意外と可愛い」といった声が寄せられている。放送コードギリギリの下品なネタだで活躍していた昔の姿より、好感を抱かれているようだ。

 また、番組では、「しれ~っと女優にシフト」したことの禊として、「当時の下品なダンス」を披露することが求められたが、あやまんはこの要望にもきっちりと対応。スカートから下着が見えるまで両足を開き、舌を出しながら踊り狂う姿を披露し、スタジオを大いに盛り上げた。

 そんな番組の放送された翌日に、あやまん率いる「あやまんJAPAN」が法人化することをマスコミ各社に発表。「あやまんJAPAN株式会社」を設立し、どんな人でもどんな場所でも盛り上げる「DDD事業」(どこでも・だれでも・だいじょうぶ)をメインコンテンツに事業を展開するという。代表に就任したあやまんは、「一時のブームは去ったものの」と前置きしながら、あやまんJAPANを通して日本を元気にしたいと決意を語っている。

 豪快な素人芸で芸能界デビューのきっかけを掴み、その後、女優として活動の幅を広げていこうというあやまん。さらに彼女は「日本に元気を」と会社を設立し、その代表に就任した。それはまるで、裸で「メロリンキュ~」と叫び、その素人離れした姿で芸能界に飛び込み、俳優として活躍後、日本の政治の現状を憂い、政界に進出した山本太郎の印象とかぶる。もちろん今の彼女にそんな気は毛頭ないだろうが、最盛期には100人以上のメンバーを揃え、それを束ねていた彼女の手腕はなかなかのものである。今後あやまんが女優としてステップアップし、世間の見る目が変わり、彼女自身も興味を抱けば、「しれ~っと」立候補するかもしれない。

 ともあれ、立て続けに大物たちの番組が終わり、視聴率も全体的に低迷する今のテレビ業界もどこか元気がない。かつての手段とは違うかもしれないが、新会社を設立したあやまんたちには大いに芸能界を盛り上げてもらいたい。
(文=峯尾/http://mineoneo.exblog.jp/)
著書『松本人志は夏目漱石である!』(宝島社新書)

メンズサイゾー

トピックスRSS

ランキング