「被害者」の立場が一変…中山美穂、辻仁成との離婚成立で浮かび上がった無責任ぶり

メンズサイゾー / 2014年7月9日 16時30分

写真

 今年3月に一部スポーツ紙で離婚協議中であると報じられていた女優の中山美穂(44)と作家でミュージシャンの辻仁成(54)の離婚が成立したことが明らかになった。今月8日夜、辻が自身のブログで「いつも応援してくださっている皆様へ。本日、離婚届けにサインをし、提出いたしました」と報告した。「今後は息子とふたりで生きていくことになります」とも綴っており、長男(10)の親権は辻が持つことになったことも公表している。

 一部スポーツ紙によると、中山は家族そろって日本に滞在していた数日前に離婚届にサインし、それを辻に手渡して自宅のあるパリに向けて一人で出国。残された子どもを抱えたまま、妻の決意が変わらないと諦めた辻が離婚届を役所に提出したという。夫婦の事情はそれぞれだが、かなり冷たい印象を受けるエピソードだ。

 また、当初は不仲の原因は急に“中性化”に目覚めた辻の風貌の変化や浮気問題だと報道され、辻が「自分勝手な不思議おじさん」というイメージで一方的に悪者になっているフシがあった。特にスポーツ紙やワイドショーの報道は、辻に振り回された中山が「被害者」という筋立てが大半。その印象のままでいえば、辻が長男を引き取ったのは意外な感じがする。

「離婚協議中の5月に中山は、著名ミュージシャンの渋谷慶一郎氏との交際を女性誌にスッパ抜かれた。離婚届を辻に渡した後に中山が向かったパリには渋谷氏が滞在しており、彼女はカレとの再婚を強く望んでいる。子どもがいれば、再婚の“障害”になるという気持ちもあって辻に親権を譲ったようです。たとえ、親権をめぐって争っても『不倫』の事実がある中山が不利になり、仮に勝ち目があったとしても泥沼化は避けられませんから彼女に選択の余地はなかったでしょうが…」(芸能関係者)

 離婚を経てシングルマザーとして活躍している女優やタレントは多く、中山もそうなればイメージは決して悪くならなかった。それどころか、同世代をはじめとした多くの女性の共感を得ていた可能性もある。だが、子どもを捨てて新しいオトコの元へ向かったとなると、あまりにも大きなイメージダウンといえるだろう。

 この事実によって報道の矛盾も浮き彫りになった。離婚問題が報じられた直後、一部スポーツ紙は「辻がバンド活動にのめりこみ、事実上の母子家庭になっている」と伝えていたが、それならば中山が10歳の長男の親権をあっさり諦めたというのは不思議な話だ。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
メンズサイゾー

トピックスRSS

ランキング