「芸能人は無断撮影をガマンすべき?」小籔千豊が怒り爆発で賛否両論

メンズサイゾー / 2014年7月11日 18時0分

写真

 ピン芸人の小籔千豊(40)が11日、情報番組『ノンストップ!』(フジテレビ系)に出演し、芸能人に対する無断撮影への怒りを爆発させた。

 番組では「一般人からの無断撮影、我慢すべき?」をテーマに、小藪をはじめタレントの千秋(42)、ジャーナリストの山路徹氏(52)、女優の松居一代(57)らが討論。千秋は「我慢しない」と述べたものの、山路は「芸能人なんだから仕方ないでしょ」と発言し、松居も「芸能人は公人ですから(無断で撮影されて)当然です」との考えを示した。

 いわば「有名税」として我慢すべきという意見だが、これを聞いた小藪がヒートアップ。口角泡を飛ばす勢いで「芸能人は公人というのは絶対に違う」「僕たちは公のお金でメシ食ってるわけじゃない」と、松居の意見を完全否定した。

 また、一般人からは「撮られるほど好かれているならいいじゃないか」との意見もあったが、小藪は「芸能人だから撮られても仕方ない? だったらキレイな女の人の乳、触ってもええんか?という話ですよ。『女の人やねんから、触られるぐらいの方がいいんじゃないの』というのと一緒や。『嫌や』って言われてるんだからやめたらええ」とバッサリ切り捨てた。

 女性のオッパイを勝手に触るのと、無断写真撮影を一緒にするのは明らかに暴論ではあるものの、言わんとしていることは理解できる。だが、それでも松居は「ありがたく感謝すべき。24時間OK」と無断撮影に寛容な姿勢を見せ、山路氏も「芸能人はプライバシーが侵されるリスクのある職業。芸能人は“みなし公人”のくくりに入る」と分析。一方、司会のバナナマン・設楽統(41)は「自分は小籔さんほどの熱量はないし、松居さんほど寛容じゃない。ケース・バイ・ケース」と冷静に語っていた。

 番組を視聴していたネットユーザーからは、小藪の態度を含めて以下のような賛否両論が上がっている。

「芸能人もプライベートはあるから無断撮影はよくない」
「無断撮影って要は盗撮だからね」
「撮ってくれ、みたいな態度の芸能人もいるしなあ…」
「無断撮影が良くないのは分かるけど例えがおかしい」
「正論なのに小藪の態度が悪すぎて賛同できなかった」

 無断撮影をめぐっては、きゃりーぱみゅぱみゅ(21)が先月15日に自身のTwitterで、無断撮影したファンのツイートを引用し「こうゆう人には塩対応だよ。写真も断ったのにさ」などと非難。晒された一般人に批判が殺到し、アカウントを消してしまう状態に追い込んだことがあった。また、モデルのダレノガレ明美(23)も今月4日にTwitterで「電車で盗撮されてTwitterに載せられた。犯罪ですよ!街、電車内での盗撮やめてください」と告発している。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
メンズサイゾー

トピックスRSS

ランキング