「いくらなんでも食い込みすぎ」新ドラマで筧美和子、佐野ひなこらがキワドい競泳水着姿を披露!

メンズサイゾー / 2014年7月14日 16時5分

写真

 12日にスタートした新ドラマ『水球ヤンキース』(フジテレビ系)。同ドラマは『テラスハウス』(フジテレビ系)で一躍知名度を上げたグラビアアイドルの筧美和子が初の連ドラレギュラーを務めることで話題になっていたが、筧の他にも新川優愛や佐野ひなこなどの若手美女が出演することで注目を集めている。

 日本初の水球をモチーフにした青春群像劇の同ドラマ。第一話では、Hey! Say! JUMPの中島裕翔が演じるヤンキー高校生が通称「カス高」に転校してくる。中島はカス高の“てっぺん”を取ろうと番長らしき生徒に決闘を申し込むが、やがてカス高が廃校になりそうなことを知る。一方、中島の幼なじみで水球の強豪・水蘭高校の女子水球部マネージャーを演じる大原櫻子は10年ぶりに再会した中島がヤンキーになっているのを見て幻滅する……というストーリーだった。

 第一話ということで、本格的に水球を披露するシーンはなかったものの、女子水球部のキャプテンを演じる新川が背中の大きく開いた競泳水着姿で登場。また、エリート意識の高い部員を演じる筧に加えて、マネージャーの大原を慕う後輩役として佐野も同じく水着姿で登場した。いずれも水着の食い込みが激しいこともあり、ネット上では「新川のプリケツがよかった」「筧の爆乳がハンパない」「想像してたよりエロかった」と称賛の声が上がっており、一連のキャプチャ画像が貼られる事態となっている。

「新川は12年のドラマ『GTO』(フジテレビ系)で生徒役を演じていましたが、制服を脱いでブラジャー姿になり、EXILEのAKIRAに抱きつくというシーンを演じて、ネット上で『エロい』と話題になりました。今回は制服姿も披露していますから、当時のことを思い出した視聴者も多かったようですね。筧のHカップや佐野のFカップもしっかり強調されており、『いくらなんでも食い込みすぎ』『あからさまにエロで視聴率稼ぎにきたな』という声が上がっています。とくに股間の食い込みがかなりキワドい角度になっているため、思わぬ“ハミ毛”を期待する視聴者も多いようです(笑)」(芸能ライター)

 美女の競泳水着姿が注目を集めた同ドラマの初回視聴率は平均8.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)。放送時間帯が土曜の23時台ということを考えると、かなり健闘したといっていいだろう。

「同ドラマの前回枠は、沢尻エリカが8年ぶりに連ドラ主演を務めることで話題を集めた『ファースト・クラス』ですが、初回は6.5%でしたから、幸先の良いスタートを切ったといっていいでしょう。初回は主人公たちの人間関係がメインで、比重的に水着姿は少なかったものの、ネット上で騒がれることがいかに破壊力があるのか見せつけた形になりました。今クールの新ドラマ『GTO』や『若者たち2014』(ともにフジテレビ系)が初回からキワドいシーンを入れて視聴者の目をひきつけたように、最初にエロ要素を入れるのはある意味で常套手段です。しかし、『水球ヤンキース』の初回ではそこまであからさまなシーンはなかったので、翌週以降に過激な描写も期待できるかもしれません」(同前)

 新川は13日にブログで「熱い青春群像劇。笑いあり。涙あり。友情あり。恋愛あり」と同ドラマをPRしており、筧も放送後のブログで「ドキドキしすぎて心拍数上がり過ぎてこんな状態でテレビ見たのは初めてかもしれない」と心境を語っている。2回目以降は、徐々に激しい水球のシーンが“解禁”されることが予想されるだけに、今後はさらなるエロ展開にも期待したいものだ。
(文=津本ひろとし)

メンズサイゾー

トピックスRSS

ランキング