料理下手疑惑や夫婦不仲説も一掃!? 安めぐみの“主婦力”が急上昇中!!

メンズサイゾー / 2014年7月16日 20時0分

写真

 2011年12月に入籍した東貴博(44)と安めぐみ(32)夫妻。当初はラブラブだと思われていた夫妻だが、その後は東が自宅に帰らず後輩とキャバクラ遊びにふけっているとの話があったり、安の料理・家事下手に対して潔癖性の東のイライラが募っており、離婚寸前かとささやかれたこともあった。

 そんなふうに不仲説やズボラ嫁疑惑が浮上していたものの、最近では安の主婦力が徐々に高まってきているという話も聞かれている。8日に放送された『幸せ!ボンビーガール!夏の2時間スペシャル』(日本テレビ系)に出演した際には、ピーマンのすり身詰め、いわしのなめろうなど10品の料理を、材料費は1975円に抑えて10人分完成させた。その手際のよさは、昨年3月に『Oh!どや顔サミット』(テレビ朝日系)に出演し、生焼け状態で焦げている卵焼きを作った時とは比べ物にならないもの見事なものであった。

 また、12日に放送された『初めて○○やってみた 国民が撮影した初めての瞬間映像一気に大放出2時間スペシャル!』(テレビ朝日系)には、東とともに夫婦でVTR出演し、ゆで卵の殻をキレイにむく裏技を実践。のんびりとした安と、それを見守りつつ彼女に優しく語りかける東の仲睦まじい様子が見受けられた。

 不仲説の原因の一つと言われていた料理下手を見事に返上した安。加えて、最近のブログでは前日遅くまで飲んでいた東の体を気遣って二日酔いに効くとされているシジミの味噌汁をふるまったり、地方ロケや泊まりの仕事が多い夫に対して寂しさを覚えつつも、東の帰宅時には彼が買ってくるお土産に喜んでいることを綴ったりと、献身的でかわいらしい妻ぶりが明らかになっている。

「もともと料理が苦手だったという安ですが、結婚後は料理教室に通ったりと、それを改善しようとする姿勢がありましたし、最近のブログを見ても日々の食事はほとんど自炊で済ませるという家庭的な面も出てきています。仕事も家事もバリバリやるというタイプではないにしろ、陰ながらの努力でいつのまにか料理上手になっているところを見ると、不仲説はありえないでしょう。夫への愛がなければ、そんな努力は到底できないはずです。結婚後はメディア露出が減ったとの話もありましたが、それは結婚を機に主婦業とのバランスが取れるように調整しているだけでしょうし、安は仕事だけでなく主婦としての自分の立場を大切にしたいのではないかと思います。あのほんわかとしたルックスからは想像がつきませんが、彼女の主婦力の飛躍的な向上を見ると『お嫁さんにしたいタレントNo.1』に輝いていただけのことはあったんだなと感じます」(芸能関係者)

 先月12日に東京ビッグサイトで開催された「東京おもちゃショー」に出演した際には「子供も欲しいですね。東さんは5人くらいと言っているので、急がないと」と家族計画を明かしていた安。懸念されていた彼女の家事能力も向上したとなれば、彼らに新しい家族が増える日もそう遠くはないかもしれない。
(文=サ乙)

メンズサイゾー

トピックスRSS

ランキング