韓国ミスコン、出場者はみんな同じ顔!? 「コピペ大会」「大量生産品」との批判が噴出

メンズサイゾー / 2014年7月18日 19時0分

写真

 韓国・ソウルで『2014ミスコリア選抜大会』が15日に開催され、22歳の現役女子大生キム・ソヨンさんが優勝した。ソヨンさんは身長172.8センチ、体重51.8キロで、スリーサイズが上から84・61・89の抜群のプロポーションの持ち主。その美貌に韓国のネットユーザーたちは賞賛の声を上げた。

 ところが、中国などの他国では別の意味で同大会が大きな話題となっていた。

 同大会の決勝には、ソヨンさんを含め50人の選りすぐりの美女たちが参加。いずれ劣らぬ美しさだったが、その集合写真が出回ると中国を中心としたネットユーザーの間で「みんな顔立ちが同じだ」との指摘が続出。以下のような否定的な意見が数多く書き込まれた。

「工場で作った大量生産品のようだ」
「顔で違いがあるのは耳と歯だけ」
「整形NGというルールにできないのか」
「コピペ技術だけは世界最高水準」
「人造人間ばかり。韓国は毎年こんな感じだな」

 その一方で「客観的に見たら顔の違いはある」「同じ顔にしか見えない人は目がおかしいんじゃないか」などといった反論も少なからずあった。

 実際、決勝進出者の写真を見てみると確かに顔立ちが似通っている。メイクの流行などもあるため、一概に「整形」と言い切ることはできないかもしれないが、その“コピペ”傾向は他国のミスコンと比べると強いようにも思える。

「韓国では、芸能界を目指すような女性は整形が必須。芸能事務所の養成所に入る時に、契約書に整形費用に関する取り決めがあるほど徹底しています。最近は美意識が高まったこともあり、業界入りする以前の女性も大半が整形に走っている。ミスコン出場者ともなれば、大なり小なり“お直し”しているのは周知の事実です。整形には毎年流行があり、女性たちは個性を捨ててでも同じような顔になりたがる」(韓国芸能界事情通)

 競争意識の高い韓国では「外見の美しさも社会を生き抜くための重要なスペック」という価値観が強まっており、国際美容整形外科学会の調査によると1000人あたり14人の割合で美容整形手術を受けている計算。これは人口比でいえばダントツの世界一だ。ソウル在住者に限っていえば「女性の5人に1人は整形」との調査結果も出ている。

 整形の若年化も進んでおり、近年は「高校卒業の記念に鼻とまぶたの整形を子どもにプレゼントする親もいる」との報告もある。整形は女性だけの問題ではなく、ソウル在住の15~19歳の男子を対象にした昨年の調査では、約半数が「整形手術を受けてみたい」と回答している。韓国は学歴社会として知られているが、それと同じくらい「美」がステータスとして重要視されているため、このような状況になっているようだ。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
メンズサイゾー

トピックスRSS

ランキング