フジテレビ・三田友梨佳アナ、ヒロイン役でドラマデビュー! 「神ドラマ」「またフジの得意な身内ウケ」の賛否

メンズサイゾー / 2014年7月26日 19時0分

写真

 フジテレビアナウンサーの三田友梨佳(27)がドラマデビューを果たした『女子アナに明日はある』が25日深夜に放送された。

 SMAPがメインMCを務める『27時間テレビ』内のスペシャルドラマのスピンオフ企画として放送された同ドラマ。放送前の24日には、三田本人がブログの中で、「実は私、、、ドラマデビューしたんです!!!しかも一時間!しかも、、、ヒロイン役っ」と報告しており、このことがネットニュースなどでも取り上げられ、注目を集めていた。

 「初めてのドラマ出演で、このしかもヒロイン役だなんて、もうほんっっっとうに緊張しました」と振り返っていた三田に対して、ネットユーザーたちは、「またフジの得意な身内ウケ」「いったい誰が見るんだ」「目的がわからん」などと冷めた視線を送っていたが、放送が始まると「意外に面白い」「神ドラマ」「ミタパンかわいい」といったコメントも見られ、「予想通りのクソドラマ」「陳腐すぎ」などの意見と賛否を巻き起こしている。

 しかしドラマといっても、三田が演じたのは三田本人で、設定も若手のディレクターが彼女にドキュメンタリー取材を行うというもの。三田とすれば、演技も何もないわけだが、その表情はいつにも増して、困り眉の上目遣いと作りこんだ笑顔の連発。ドラマ自体も、密着する若手ディレクターが、当初は笑顔を絶やさない三田に苦手意識を抱いているが、やがてその笑顔が周囲を幸せにしていることに気づき、彼女の最大の魅力はやはり笑顔なんだと確信するというもので、三田の笑顔そのものがテーマという内容だった。

 ドラマの前半では、若手ディレクターが三田に対して「嫌い」「苦手」とはっきりと言うシーンなどもあり、少し自虐的な印象も受けたが、最終的には三田が「私の武器は笑顔です」と断言することで終わるこのドラマ。三田を毛嫌いしていたディレクターも、ラストでは彼女の笑顔に魅了されることになり、めでたしめでたしというわけだ。

 『27時間テレビ』ではSMAPの解散をテーマにしたドキュメンタリードラマが放送される予定で、今回の三田のドラマもそれに絡めた内容。しかし、その絡め方はいかにも中途半端で、最後に三田が「剛…」とつぶやく程度。SMAPの解散をほのめかすシーンのあとの言葉だけに、剛とは草なぎ剛のことだろうが、三田の度が過ぎる垂れ下がった眉ばかりが印象に残った。

 「作ったような笑顔」などと世間から批判されることもあるほど笑っている印象の強い三田だが、それこそが自分の武器だと言いきるドラマでの姿は、まさにフジテレビを象徴するもの。今回の『27時間テレビ』のキャッチコピーは「武器はテレビ」だが、視聴率の低迷が叫ばれるフジテレビとすれば、たとえ批判を受ける番組も、局の大切な武器として貫き通したいのだろう。先日大規模な人事異動を発表したフジテレビだが、テレビ番組のコンテンツの充実を徹底しなければ、人気回復につながらないと局員を鼓舞しているのかもしれない。

 ドラマでは、笑顔を貫く三田に若手ディレクターが次第に感銘を受けるが、一般の視聴者はそこまで単純ではないはずだ。ネットユーザーたちの反応にあったように、彼女の笑顔に嫌悪感を抱く人々も多いに違いない。だが、フジテレビがかつての人気を取り戻すには、どんなに嫌われても笑顔を絶やさなかったドラマの中の三田のように、強い意志と信念を持って番組を作るしかないだろう。
(文=峯尾/http://mineoneo.exblog.jp/)
著書『松本人志は夏目漱石である!』(宝島社新書)

メンズサイゾー

トピックスRSS

ランキング