菊地亜美「アイドリング!!!」卒業を発表、バラドル専念のはずが露出は激減

メンズサイゾー / 2014年8月4日 16時30分

写真

 アイドルグループ・アイドリング!!!の菊地亜美(23)が3日、東京・お台場で開催されたライブイベント『TOKYO IDOL FESTIVAL 2014』のステージでグループからの卒業を発表した。11月24日にNHKホールで行われる同グループのライブを最後に約6年間にわたったアイドル活動を終えるという。

 ステージ上でメンバーにすら秘密にしていた卒業が発表されると、ファンからどよめきが起こった。菊地は「6年間もいたので卒業を決めるのは大変でした。学んだことを活かして、バラエティで活躍するタレントになりたい」と決意を語り、会場からは暖かい拍手が巻き起こった。

 公演後、菊地は自身のブログで「17歳でアイドリング!!!に加入し、当初からの私の目標は、バラエティで活躍できる人になりたい!ということでした。もちろん今でも一瞬たりとも変わった事はありません!」とバラエティに対する熱い思いを吐露。さらに「私は生半可な気持ちで卒業とか決めたわけじゃないよ!だからHAPPYに背中を押してくださったら嬉しいです!!」などと、バラドル転向に懸ける決意の強さを綴っている。

 菊地といえば、一昨年にバラエティを中心に番組出演数300本を記録して一躍ブレイク。昨年もバラエティ番組246本に出演し、女性タレント部門の出演数ランキングで堂々の第6位となった。両年ともアイドルグループのメンバーに限っていえば断トツの1位。アイドリング!!!を知らずとも、菊地の顔と名前は知っているという視聴者も少なくないほどの露出ぶりだった。

 本人の目標もバラドルだったのであれば、ここらでアイドルとしての活動を終えてバラエティに専念するのは自然な流れ。グループ所属という枷が外れたことで一層の飛躍ができそうだ。

 ところが、その期待に反して最近の菊地は露出が減少傾向。今年4月からTOKYO MXで初の冠番組『菊地亜美のチャリーズエンジェル』がスタートしたものの、全国放送のバラエティ出演が急激に減ったことで「最近見ないな」と思った視聴者も多いだろう。7月に発表された『2014上半期タレント番組出演本数ランキング』(ニホンモニター調べ)でも、女性部門のトップ10から名前が消えている。

 一部ネット上では「消えた」「干された」などとも揶揄されているが、なぜバラエティに専念すると決断した矢先に露出激減という不可解な状況になっているのだろうか。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
メンズサイゾー

トピックスRSS

ランキング