ヤラセ・セクハラが原因? 『テラスハウス』突然の終了決定に憶測飛び交う

メンズサイゾー / 2014年8月12日 14時30分

写真

 シェアハウスで共同生活する男女6人の姿を追ったリアリティー番組『テラスハウス』(フジテレビ系)が9月末に終了することが明らかになった。11日放送のエンディングで告知され、番組公式Twitterでも「テラスハウスの放送は9月末までです」と明言されている。

 同番組は一昨年10月にスタートし、開始当初はAKB48の北原里英(23)が参加したことが話題になった。また、グラビアアイドルの筧美和子(20)やモデルの今井華(21)、歌手のchay(23)らが番組をきっかけにブレイク。若者を中心に高い人気を誇っており、突然の終了の知らせに番組ファンは大混乱となっている。

 フジテレビ広報は「視聴者の皆様から好意的な評価をたくさん頂戴してきましたが、ここでまた新たにフレッシュな番組をお届けするという判断に至りましたので、終了する運びとなりました」とコメントしているが、好評だったのに突然終了を決める理由が今ひとつ釈然としない。

 ネット上ではさまざまな憶測が飛び交っており、週刊誌に報じられた「ヤラセ」「セクハラ」が原因だったのではないかとの声が強まっている。

 同番組は「台本は用意していません」とうたい、ありのままのリアルであることを強調していた。だが、かねてから「展開が強引すぎる」「偶然とは思えない不自然さがある」と指摘され、週刊誌上でもヤラセ疑惑が書きたてられた。

 今年3月には「FLASH」(光文社)が「スタッフが大まかなストーリーを指示している」と内幕を暴露する記事を掲載。さらに記事では「特別手当」の存在が明らかにされ、スタッフの指示や意向で出演者が異性に告白した場合は「告白手当」として5万円、男女がキスした場合は「キス手当」として10万円が支払われると記されていた。

 5月には「週刊文春」(文藝春秋)が、番組スタッフによる出演者へのセクハラ・パワハラの実態を報じた。記事では制作会社のディレクターO氏の名前が挙がっており、O氏は威圧的な態度でセリフや恋愛関係の展開を出演者に指示。さらに、女性出演者に対するセクハラも日常的に行っており、89センチHカップの筧美和子の胸を鷲づかみにすることもあったという。

 番組側や出演者は疑惑を否定したが、番組出身のタレント・宮城大樹(24)が『テラスハウス』をきっかけに交際していたはずの今井華について「デートにも行っていない」と語るなどヤラセを裏付ける証言が出てきてしまったことで騒動は拡大。いまや「ヤラセなし」と信じている視聴者の方が少ない状態になっている。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
メンズサイゾー

トピックスRSS

ランキング