『ファースト・クラス』続編決定もキャスト一新に賛否両論、“沢尻株“は急上昇中!?

メンズサイゾー / 2014年8月15日 10時0分

写真

 今年4月クールに放送された沢尻エリカの主演ドラマ『ファースト・クラス』(フジテレビ系)の続編が、10月から放送されることが明らかになった。土曜の23時台という時間帯ながら、最終回では視聴率10.3%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)を獲得した同ドラマ。6月の最終回から約4カ月後の"復活"は、同局のドラマ史上最速となるようで、その人気を改めて見せつけた形となった。

 沢尻が8年ぶりに連続ドラマに主演することでも話題になった同ドラマは、ファッション雑誌の編集部を舞台に、恋愛や仕事などを格付けし合う「マウンティング女子」の様子を描いて大きな反響を呼んだ。劇中で唯一の"いい子"を演じた沢尻は「皆さま『ファーストクラス』が再び帰ってくることになりました。何倍にもパワーアップした悪女の皆さんとの闘いが今から楽しみです、今回は私も悪女で戦います」とコメントしており、続編に意欲を見せている。

 前作の半年後が描かれるという続編では、編集長にのぼりつめた沢尻はデザイナーに転身しており、舞台は出版社からファッションブランド業界に移されるという。また、それにともない沢尻以外のキャストは総入れ替え、放送時間帯も水曜の22時台となるようだ。これを受けて、ネット上では「続編も絶対見る」「あのドロドロが再び味わえるのか」と楽しみにする声の一方で、「あのキャストだから意味があったのに」「せめて菜々緒だけでも残して」とキャスト一新を嘆く意見も多数寄せられている。

「前作の出演者もところどころ登場するようですが、あくまでサブ的な動きのようで、惜しむ声が頻出しています。クールでドライな編集長を演じた板谷由夏をはじめ、性悪モデルの佐々木希、契約社員から這い上がろうとする田畑智子など、とにかくそのハマりっぷりは見事でしたからね。とくに、計算高く腹黒い編集者・レミ絵を演じた菜々緒は強烈で、『深く深く落ち込んでください。ダイオウイカの生息水域、水深500mぐらいまで』という心の声はネット上で"同ドラマ史上最高の名言"として認定されています(笑)。また、彼女の心の声を集めた『「ファースト・クラス」レミ絵様の金言・暴言・罵詈雑言!』という動画は14万回以上再生されるなど、視聴者から多くの支持を集めました」(芸能ライター)

 放送前は、その豪華なキャストから舞台裏での"バトル"勃発も危惧されていたが、実際は「沢尻会」に菜々緒や佐々木が加入したことが伝えられるなど、出演者同士の仲も良好だったようだ。また、女性誌では、沢尻が現場に何度も差し入れを持ってくるなど、周囲に気を使う様子が報じられ、かつて「別に...」発言で問題視された頃の面影も消えつつあるという。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
メンズサイゾー

トピックスRSS

ランキング