ハメ撮り、3P当たり前...ウーマンラッシュアワー・村本の清々しいほどゲスな性欲

メンズサイゾー / 2014年8月25日 18時35分

写真

 23日深夜に放送された『ゴッドタン』(テレビ東京系)にウーマンラッシュアワーの村本大輔(33)が出演。2年ぶりに開催された人気企画「ヒドイ女サミット」に登場した彼は、持ち前のゲスキャラをいかんなく発揮した。

 番組冒頭から飛ばし気味だった村本は、アシスタントゲストとして元・日本テレビアナウンサーの脊山麻理子(34)が紹介されると、「業界の人に食われまくってそうな顔してますね」とヒドイ発言。さらには、自身のDVDが売れており、「オリコンランキング1位、Amazonランキング1位、楽天ランキング1位」と自慢げに語る脊山に向かって、「まかない顔」と容赦なく指摘した。脊山は「ヒドイ~」と声をあげていたが、そんな彼女の言葉もお構いなしの態度を見せるのだった。

 また、この日共演した山里亮太(37)によると、番組のロケで村本の自宅に行った際、フォトフレームを見ると、次々と女性とのハメ撮り画像が出てきたという。若いころから女性と行為に及べば写真を撮っていたことが暴露されたが、当の村本は当たり前のように話を受け流していた。

 そんな村本が「ヒドイ女」について語ると、MCのおぎやはぎや劇団ひとり(37)も興味津々。まだ村本が売れていないころ、逆ナン目的で吉本の劇場をウロついていて女性に声をかけられた話を展開すると、大いに食いついていた。

 体重90kgほどの女性に電話番号を渡されたという村本は、「その日はそれしかいなかった」という理由からさっそく飲み会を開き、まんまと女性と体の関係を結んだと告白。そんなことは日常茶飯事だったという村本だが、その後、村本が『THE MANZAI』の決勝の舞台に出ることになると、その相手女性がTwitter上で赤裸々に村本との一夜を暴露し始めたというのだ。

 すでに数年前の出来事であったにもかかわらず、村本の一言一句まで克明に投稿する女性。村本によると「くだらないギャグまで詳細に語られて」おり、もはやボイスレコーダーに録音されていたとしか考えられないと分析する。さらには、ホテルでの様子を隠し撮りされたような画像まであったという。

 しかし村本の方も黙ってはおらず、相手をさらにディスるような投稿で反撃。自ら3Pに及んだことを暴露し、相手女性のことを「養豚所」などとののしった。その後、女性から「弁護士に相談させていただきます」「名誉毀損で訴える」といったコメントが村本に届いたようだが、村本は別のアカウントで他人を装い、「あなたのほうが訴えられるのでは?」といったコメントを女性に送り、相手女性を黙らせたという。

 番組の中で村本は「ヒドイを通り越すと英雄になる」と言っていたが、まさにゲスキャラを貫くことで一部のファンを獲得し、笑いを生む村本は清々しいほどだ。決して好感度は高くないだろうが、その強度はもはや揺るがないものだろう。より多くの人に笑いを届け、より多くの人に支持されたいと願うのが芸能人の常だが、理解者は一部でもいいと腹をくくっている村本は、芸人として正しい選択をしているのかもしれない。
(文=峯尾)
著書『松本人志は夏目漱石である!』(宝島社新書)

メンズサイゾー

トピックスRSS

ランキング