CMギャラは倍増の4000万円!? 沢尻エリカ株の上昇が止まらない!

メンズサイゾー / 2014年8月30日 15時0分

写真

 今年4月クールに放送された『ファースト・クラス』(フジテレビ系)で8年ぶりの連続ドラマ主演を果たし、早くも10月にその続編が決まるという破竹の勢いで活躍している女優の沢尻エリカ(28)。同時に、かつて"別に"発言で世間から大バッシングを受けた頃の面影はすっかり消え、業界内からは「撮影現場に毎回差し入れを持ってくる」といった"いい人エピソード"が聞かれるようになっている。

 そんな彼女の株の急上昇ぶりは、いまだ継続中のようである。発売中の「週刊ポスト」(小学館)によると、一時は2000万円まで下がっていた彼女のCM契約料は、最近の活躍によって4000万円まで倍増しているという。記事内の広告代理店キャスティング担当者の話では、かつては前夫との泥沼離婚劇などのスキャンダルでスポンサーに敬遠されていた彼女だが、そんな過去をネタにして大復活を遂げたことにより"強い女"のイメージがついたとのこと。加えて、今後ドラマやワイドショーでの露出が見込めることから、CM契約料の倍増につながったようだ。

「沢尻は、今年3月に放送された『食べる前のうるる酢』のCMに出演した際にネットで『美しすぎる』と話題になっていましたし、CMキャラクターとしてパッと目を引く存在であることは間違いありません。相変わらずルックスへの評価も高く、いま勢いに乗っている彼女を起用したいと考える企業があるのは自然なこと。露出の少なかった時期でも2000万円の契約料をキープしており、今回4000万円へ倍増したというのはさすがですね。女優・沢尻エリカのブランドはまだまだ通用するということでしょう」(芸能関係者)

 また、10月から『ファースト・クラス』の続編に主演する彼女だが、それ以外にもゴールデンタイムの連続ドラマ主演のオファーがあるのではとささやかれており、来春には風俗嬢のヒロインを演じる映画『新宿スワン』の公開も控えているなど、今後は一気にメディア露出が増える気配だ。

「12年の主演映画『ヘルタースケルター』でヌードや濡れ場に挑戦したこともあり、『新宿スワン』で風俗嬢を演じることが発表された時には『もう色物しか演じられないのか』との声も聞かれていた沢尻ですが、『ファースト・クラス』でひたむきに頑張る編集見習いから編集長まで上り詰めるという役を演じて、幅広い役柄をこなせることを証明しました。かつてのスキャンダルで大暴落していたイメージを演技で回復させる、それが彼女の女優としての生き様なのでしょう」(同)

 業界内のみならず、世間からの注目度も上がりつつある沢尻。以前の毒気たっぷりの彼女がもう見られないのは少々寂しい気もするが、今後は女優としての活躍ぶりで芸能界を賑わせてほしい。
(文=サ乙)

メンズサイゾー

トピックスRSS

ランキング