もはや着エロレベル!? 女芸人・おかもとまり、新作DVDで極小ビキニ!

メンズサイゾー / 2014年10月24日 10時0分

写真

 今月23日に発売されたモノマネ芸人・おかもとまり(24)の最新DVD『おかもとまり/あいどるちゅう』(イーネット・フロンティア)が「過激すぎる」と話題を集めている。「ほんとに芸人か」「着エロだな」といった声が寄せられている同作では、確かに極小の三角ビキニを着たおかもとの姿が見られ、かなり刺激的な内容となっているようだ。

 体にフィットしたドレスに網タイツを履き、Yシャツ1枚でパンティをチラつかせ、背中ヌードを惜しげもなく披露するおかもと。野外の泡風呂に入り、ギリギリの下着姿でおっぱいやお尻を強調する魅惑的なポーズを見せたかと思えば、フルーツの女体盛りなどもあり、その内容は、セクシー系アイドルのイメージビデオに勝るとも劣らないもの。艶かしい表情も色っぽく、彼女が芸人であることを忘れてしまう仕上がりとなっている。

 まさにモノマネ芸人ならではの技術で見事にアイドルを演じたとも見えるが、過去に発売したイメージDVDがオリコンの「アイドル・イメージ部門」で1位を記録するなど、おかもとのグラビア界での実績は十分。"お笑い芸人にしては"といった前置きはもはや必要ないほど、グラビアの世界に馴染んでいるようにも思える。

「おかもとは2007年に地方局のアイドル育成番組のオーディションに合格したのをきっかけに芸能界デビューしています。当時はまだ17歳の高校生で、本格的なデビューは、卒業後に太田プロと契約を結んでからになりますが、そこからの活躍が目覚ましかったですね。将来性を買われての契約だったため、太田プロのタレント養成所に通うことになったのですが、その在学中から"広末に似ている"と注目を集めるとあっという間に売れました」(芸能ライター)

 2009年に放送された『とんねるずのみなさんのおかげでした』(フジテレビ系)の「細かすぎて伝わらないモノマネ選手権」で披露した広末涼子の顔マネで一気に知名度を上げたおかもとには、その直後からあらゆるバラエティ番組のオファーが殺到した。一足飛びに売れっ子の仲間入りした彼女は、翌2010年に、その容姿を活かしてグラビア写真集やイメージDVDといった活動にも挑戦。"可愛すぎる女芸人"としてブレイクした彼女は、モノマネ芸人としてだけでなくアイドル的な人気も博した。

 いったん人気が落ち着くと、ゴールデンタイムなどで放送されているメジャーバラエティで姿を見なくなったが、昨年5月に『なちゅらる』(イーネット・フロンティア)、今年の5月には『おとなちっく』(竹書房)と定期的にDVDを発売している。いずれも新作と同じくかなり刺激的な内容になっており、可愛さとエロティックさが堪能できるとネット上でも話題となった。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
メンズサイゾー

トピックスRSS

ランキング