加護亜依の夫に逮捕状、モーニング娘。の悲願「紅白」再出場にも影響か

メンズサイゾー / 2014年10月24日 15時30分

写真

 元モーニング娘。の加護亜依(26)が、またもトラブルに見舞われた。といっても本人の落ち度ではなく、2011年に結婚した夫のA氏(47)に逮捕状が出ているというのだ。

 産経新聞の報道によると、知人男性に違法な高金利で資金を貸し付けていたなどとして山口組系暴力団「小松組」の40代幹部が出資法違反(高金利)容疑で逮捕されたことが23日に判明。さらに同じ事件に絡んで警察が男2人の逮捕状を取ったが、このうちの一人は山口組系組員、そしてもう一人が加護の夫で会社役員のA氏だった。

 捜査関係者によると、組幹部の男がA氏と共謀し、昨年9月に都内に住む飲食店勤務の知人男性に約250万円を貸し付け、法定金利以上の不当な利益を得た疑いが持たれている。また、組員の男は男性から別に約250万円を脅し取ったとして恐喝容疑で逮捕状が出ているという。

 A氏といえば、2011年に暴力団関係者との親密な関係を持ち出して知人を脅し、恐喝未遂の疑いで逮捕されたことがあった。今回、またも暴力団がらみで逮捕されたことになる。

「これまでも暴力団との関係がウワサされていたA氏ですが、まさかヤクザと一緒に逮捕されるほどとは...。山口組・司忍組長の出身団体である『弘道会』傘下の『小松組』は、同組織の東京進出の先導役とされ、A氏はその片棒を担ぐほどの存在だったことになる。A氏は芸能人御用達の高級カラオケ店の経営にも携わっており、一昨年に元AKB48・前田敦子が俳優の佐藤健に抱きかかえられて"ケツ丸出し騒動"を起こした合コンの舞台も同氏の店だった。多くの芸能人と親密な関係である同氏ですが、暴力団との関係がハッキリしたことで、いらぬ火の粉が周囲のタレントに降りかかってくる恐れもある」(週刊誌記者)

 多くのタレントが戦々恐々としていそうだが、誰よりも被害を被っているのは他ならぬ妻の加護だろう。

 今年、加護は自身のアイドルユニット「Girls Beat!!」を結成し、アイドル界に舞い戻ってきたばかり。「今さら...」という批判を浴びながらもデビューシングルの発売やフェス出演にこぎつけ、細々とながら地道に活動を続けていた。だが、今回の夫の逮捕で全てがオジャンになる可能性が高いという。

「ただ夫が逮捕されたというだけでも計りしれないイメージダウンですが、暴力団がらみは何よりマズイ。イベント関係のスポンサー筋はどこも敬遠しますし、テレビ局も当然ながら使いたがらない。もともと成功の見込みは薄いといわれていた加護のアイドル活動再開ですが、これで完全に"詰んで"しまった」(芸能関係者)

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
メンズサイゾー

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング