松たか子、北川景子に続いて、“スキャンダル処女“の堀北真希が『HERO』第3弾のヒロイン役!?

メンズサイゾー / 2014年10月24日 22時0分

写真

 今年7月から9月にかけて放送されたドラマ『HERO』(フジテレビ系)。第1作目から13年ぶりの復活を遂げた同ドラマは、全話での平均視聴率が21.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と好成績を残し、現時点での今年最大のヒットとなった。「ゲンダイネット」によると、そんな同ドラマに早くも続編の話が持ち上がっており、主演を務めるSMAPの木村拓哉(41)も出演を了承しているという。そして、同ドラマでヒロイン役を務めた北川景子(28)の続投が噂されている一方で、新たなヒロイン役として堀北真希(26)の名前が浮上しているというのだ。

 記事内の芸能関係者の話によると、これまで目立ったスキャンダルのない堀北は、ジャニーズタレントとの共演が問題なくできることに加えて、木村も堀北の自己主張が強くなく、なおかつ際立った存在感を発揮する演技力を高く評価しているらしい。なお、続編の放送は来春を予定しているという。

「第1シーズンから第2シーズンまで13年の期間が空いていたのにもかかわらず、さっそく半年後に第3シーズンがスタートするというのはにわかに信じ難い話ですね。しかし、フジテレビの亀山千広社長が9月の時点で『HERO』の続編についてゴーサインを出していたという話もありますし、同局にとって久々のヒットコンテンツとなった同作には今後も頼りたいところなのでしょう」(芸能関係者)

 第1作目でヒロインを務めた松たか子(37)に代わり、北川のヒロイン抜擢が発表された際には「松たか子とキムタクのコンビが見たかったのに」と残念がる声もあった。それでも、いざ放送がスタートしてみれば北川の演技にポジティブな反応が相次ぐことに。次回作のヒロインを堀北が演じることになった場合、同様の流れは受け継がれるだろうか。

「松から北川にうまくヒロイン役が受け継がれたことで、『HERO』のヒロインに対する固定概念が消え、世間に『次は誰がヒロインなんだろう?』と予想させるという楽しみを与えることに成功したと思います。また、堀北であれば松とも北川ともかぶらないキャラですから、新しいストーリー展開も期待できそうです。06年に放送された特別編に出演した綾瀬はるか(29)も含めて、最終回辺りで全員登場なんてサプライズがあれば盛り上がりそうですが...。そもそも、このようなヒット作の次期ヒロインとして堀北の名前が挙がるということは、いかに彼女が業界内で評価されているかを示していますね。7月には一部スポーツ紙で嵐の櫻井翔(32)との熱愛が報じられていましたが、その後の続報がないため、"スキャンダル処女"のイメージは守られたままです。芸能人のプライベートがすぐにネットで拡散されてしまう世の中で、生活感が全くなく、ミステリアスな雰囲気を保ち続けている貴重な女優ですから、スキャンダルに厳しいとされるジャニーズ事務所も安心して所属タレントと共演させることができるのでしょう」(同)

 24日には毒舌刑事役として主演するドラマ『ヒガンバナ~女たちの犯罪ファイル』(日本テレビ系)が放送され、今冬にもスペシャルドラマ『松本清張ドラマスペシャル 霧の旗』(テレビ朝日系)への出演が決まっている堀北。シリアスな役柄が続いている彼女だが、次なる出演作は果たして...。
(文=サ乙)

メンズサイゾー

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング