フェロモングラドル・川村ゆきえ、猫耳ランジェリー姿で大人のアイテムを紹介

メンズサイゾー / 2014年10月29日 17時0分

写真

 29日に発行された人気下着メーカー「ピーチ・ジョン」の最新カタログ『PEACH JOHN Beauty冬号』の中でグラビアアイドルの川村ゆきえ(28)が魅惑的な下着姿を公開している。「可愛いフェロモン」というキャッチコピーとともに誌面に登場した川村は、薄いピンク色のランジェリーを身につけ、大人のセクシーさをアピール。同性に向けられたカタログでありながら、グラビアさながらの色っぽい表情を披露した。

 少し乱れた黒髪に今にもあふれそうなおっぱいが刺激的な川村の下着姿。誌面の中で川村は「フェロモンて内側からにじみ出る魅力みたいなもの」と語っているが、愛くるしいベビーフェイスと柔らかそうな素肌からは確かに異性の心を掴むフェロモンが香り立ってくるよう。

「下着メーカーのカタログですから、もちろん想定読者は女性になります。しかし、そもそも女性が美しくなりたいと思うのは男性を意識してのことですからね。可愛い下着といっても、それは男性ウケを狙ってのものといえます。特に今回、川村さんのページで紹介されているのは、『官能的な甘い香りのボディクリーム』や『乳首に潤いを与えるジェルパッド』といったアイテムで、より男性を意識した内容となっています。"フェロモン"というのがテーマになっていますが、置き換えればセクシーさといえます。そうした内容から、大人の魅力にあふれる川村さんが選ばれたのでしょう」(業界関係者)

 同じ号には元大人AKB48の塚本まり子(38)も登場しているが、彼女が紹介しているのはスキンケア商品ばかり。アラフォー女子の悩みといえば、やはり肌に関するものが多いのだろう。そんな中、フェロモンあふれる姿を披露した川村は、28歳のグラドルという、大人の女のセクシャルな部分を可愛らしく表現できるモデルとして起用されたわけだ。特に、これまでのグラビアでも披露してきたであろう、コスプレに近い"猫耳ランジェリー"という格好は、キュートでセクシーな大人の魅力にあふれており、まさに彼女にしかできない下着姿といえるだろう。そんな彼女の横には、Vゾーンを整える除毛クリームや剛毛な下の毛をボリュームダウンさせるトリートメント剤など、大人のアイテムが掲載されているのだった。

「主力商品である下着には、マギーさんやローラさんなど、すでに"ピーチ・ジョンの顔"といえるモデルがいます。それぞれ今をときめく人気モデルやタレントで、まさに女性が憧れる女性といったメンツです。しかしセクシャルな特集では、なかなかそうした人気モデルたちを起用するのは難しいと思います。今回の川村さんのように、『フェロ度をきめるデリケートゾーン』とキャッチがついて、パンティをチラ見せさせた姿の下に、セックス時に使用する"バラ香るオーガニック潤滑ジェル"が紹介されては、さすがに困るでしょうからね。その点、こうした企画の際に重宝されるのがアラサーのグラドルたちです。当然ながら脱ぐことに抵抗はないでしょうし、仕事として男性を意識してきた彼女たちが夜のアイテムを紹介することに違和感はありません。大人のおもちゃほど過激ではないですし、潤滑ジェルも"女子にとって大切なもの"という認識で見れば決して恥ずかしがるようなものではありません。女性からの支持も大きいでしょう」(前出)

 川村自ら「ぽっちゃりしているところもわたしらしいチャームポイント」と話しているように、完璧なモデル体型ではない点も同性の共感を得るのだろう。フェロモン女子の代表として登場した彼女は、それだけ同性からの好感度が高いといえる。そしてもちろんそのフェロモンは男性たちを強く刺激する。

 27日に放送された『SAKURA~事件を聞く女~』(TBS系)にゲスト出演した川村は、ニット姿という比較的露出度の低い衣装ながら、大いにネット上で話題になった。服を着ていても迫力のある胸元が話題の中心だが、アラサーになっても注目度の衰えない彼女はさすがといえる。今回カタログで紹介されていたアイテムを使って、川村には、これからも内側からにじみ出るフェロモンをあふれさせてほしい。
(文=峯尾)
著書『松本人志は夏目漱石である!』(宝島社新書)

メンズサイゾー

トピックスRSS

ランキング