日本中が応援するカップル!? 「ちゃんと付き合いましょうよ」千原ジュニア、大久保佳代子に真剣交際を求める

メンズサイゾー / 2014年12月24日 18時45分

写真

 23日放送の『ロンドンハーツ3時間半スペシャル』(テレビ朝日系)で、千原ジュニア(40)が大久保佳代子(43)に、「ちゃんと付き合いましょうよ」と真剣交際を求めた。

 この日の番組は、人気企画「ウラでこんな事やってました2014」を放送。さまざまな関係者からの情報を元に、人気芸人たちのプライベートに迫る年末恒例の特集だったが、その中でジュニアと大久保のただならぬ関係が暴露された。ロンハースタッフのタレコミによると、これまで2人は、同番組の中でたびたびキスを交わしてきたが、放送されていないところでも熱い唇を重ねていたとのこと。今年1年の間で、番組中に流された2人のキスシーンは6回あったが、実際のところは、それをはるかに上回る13回になるという。

 2人のキスが番組のネタのようになったのは、今年3月に放送された「サシ飲み」企画が発端。プライベートで接点のない2人が、夜通し飲み明かすというコーナーに2人が挑戦すると、酔った大久保が「キスしてみない?」とジュニアに覆いかぶさったのがきっかけだった。それから番組では、ことあるごとにジュニアと大久保の関係が取り沙汰されるようになり、2人は鉄板のギャグのようにキスをするようになった。

 この2人の関係はキスを交わし始めたころから、すでにネット上でも大いに話題となっており、「お似合い」「大久保さん嬉しそう」「ジュニアもまんざらではないのでは」などといった声が寄せられている。当初こそ大久保からのアプローチを嫌がっていたジュニアも、次第に慣れてきたのか積極的な姿勢を見せており、徐々に親密になっていく2人には拍手を送る視聴者も多いようだ。

 今回の番組で公開された新たなシーンでも、ジュニアは大久保の肩を抱き寄せて顔を近づけるなど、自ら進んでキスをせがんでいる様子が見られた。さらに、ジュニアの手が大久保の首筋に触れながら交わされるキスなど、まるで恋人同士のようでもあった。そんな2人のキスシーンが流れた後、大久保はVTRで登場すると、ジュニアとは「キスだけの関係を続けたい」と告白。「付き合いたいとか、彼女になりたいとかは思わない」と言い、恋愛への発展を否定した。しかし、それを受けたジュニアは、不満げな表情を見せると、「ちゃんと付き合いましょうよ」と宣言したのだった。

「ジュニアさんも大久保さんも芸人ですから、より面白い展開をできればと思っているのでしょう。今回の放送を見る限り、今後は『真剣交際を求めるジュニア』と『大人の関係を望む大久保』という関係性でミニドラマを発展させ、笑いをとっていくのではないでしょうか。ただ業界内には、ぜひとも真剣に交際してもらいたいとの声も大きいです。ジュニアさんと公私共に親交のある桂三度(45)は、ラジオの中で『めっちゃええカップル』『日本中が応援する』と2人の交際を猛烈にプッシュしています。番組スタッフなども、日ごろから後輩ばかりと遊んでいるジュニアさんを見て、『仕事仲間でもある大久保さんなら、そういう芸人の事情もわかってくれるだろうな』と声をそろえています」(お笑い関係者)

 最初の「サシ飲み」企画が行われたのも、単なる偶然ではなかったのかもしれない。2人を絡ませれば面白いことになるに違いないという算段はあっただろうが、スタッフの中には、「お似合いのカップルでは?」との"思惑"があったとも考えられる。今のところ芸人同士の関係から脱していないとはいえ、ジュニアの態度や大久保の気持ちに変化が表れているのは確か。番組の中でジュニアは、MCの田村淳(41)から「宮古島に2人で行けばいい」といわれ、「ホンマやな!」と目を輝かせていた。2日の休みがあれば沖縄県の宮古島へ遊びに行くことで知られるジュニアにしてみれば、大好きな場所を大久保にも紹介したいのかもしれない。実現するかは本人たち次第だが、2人で旅行するとなればキスだけにとどまらないだろう。来年あたりには電撃発表があったりして...。
(文=峯尾)
著書『松本人志は夏目漱石である!』(宝島社新書)

メンズサイゾー

トピックスRSS

ランキング