新山千春、元プロ野球選手との離婚で大炎上! 「娘を第一に」の別れが叩かれる理由

メンズサイゾー / 2014年12月31日 15時0分

写真

 タレントの新山千春(33)が29日、プロ野球・西武ライオンズ2軍コーチの黒田哲史氏(39)と離婚したことを自身のブログで報告した。

 新山は「私事で恐縮ではありますがこの度、私は夫と10年間の結婚生活にピリオドを打つことになりました事をご報告させていただきます」などと記し、別居報道などでファンに心配をかけたことを謝罪。さらに「「私達はお互いの仕事の都合上すれ違いが多く、家族の時間を十分持てなくなった今、色々と悩み考えましたが娘を第一に考え二人で話し合い、そしてお互いを思い合った結果、今後はそれぞれの道を歩むことが最善の道と考えて決断することとなりました」と離婚の理由を説明した。

 27日までは最後の家族旅行としてハワイに行ってきたといい「この先も娘のことを第一に考えて、お互い父親母親でありますので、親としての責任を果たす為に協力していくことを再度約束し合い帰ってまいりました。今後は尊敬出来る友人として新たな関係を築いていけると思っております」と、何度も「娘を第一に」と強調した離婚報告となっている。

 芸能人の離婚はよくある話であり、短期間で別れる夫婦も多いだけに10年も持ったなら立派に思えなくもない。だが、これに「Yahoo!ニュース」のコメント欄を中心に以下のような批判が殺到して炎上状態になっている。

「離婚する時点でどう考えても子ども第一じゃないよね」
「娘をダシにするところがあざとい」
「旦那の仕事は遠征が多いんだから現役時代も今も家族の時間が少ないのは当たり前じゃん」
「夫が引退して落ち目になった途端に離婚なんて最低」
「金の切れ目が縁の切れ目みたいな感じにしか見えない」

 元夫の黒田氏は93年にドラフト4位で西武ライオンズに入団し、あまり目立った活躍はできなかったものの、02年に読売ジャイアンツにトレードされると次第に才能が開花。内野守備のエキスパートとして重宝され、代走の切り札としても活躍した。だが06年からはチームの戦力補強の影響で極端に出場機会が減り、同年に戦力外通告。古巣・西武に無償トレードで舞い戻ったものの、翌年には再び戦力外となり引退。同チームの二軍用具係などを経て、現在は守備技術の高さを買われて二軍の内野守備走塁コーチに就任している。

 この経歴だけ見れば、新山が高給取りだったプロ野球選手を引退して二軍コーチとなった黒田氏を見限ったようにも感じられる。しかし、収入面が離婚の原因になったという見方は誤解だという指摘がある。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
メンズサイゾー

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング