活動再開! 極楽とんぼ・山本圭壱、単独ライブ開催で吉本復帰は...

メンズサイゾー / 2015年1月5日 17時30分

写真

 2006年の淫行騒動以降、芸能活動を停止している、お笑いコンビ・極楽とんぼの山本圭壱(46)。毎年のように復帰のウワサが囁かれてきた山本だが、19日に東京・下北沢の下北沢駅前劇場でお笑いライブを開催することが発表された。5日放送の『スッキリ!!』(日本テレビ系)では、相方の加藤浩次(45)が、この話題に触れ、「すいません、(新年)最初の話題から...山本の話題で...」と笑顔を浮かべて挨拶。すでに山本とも話をしており、「自分の力でどこまでできるか、やってみたい」と言われたことを明かした。

 さらに加藤は「極楽とんぼがもう1回ライブをやったり、2人で活動できるように、僕も心から思っております」と発言。改めてコンビとしての活動を切望した。また、山本の後輩に当たるロンドンブーツ1号2号の田村淳(41)も、さっそくTwitter上に「極楽とんぼの山本さんが遂に動き出した!この日を待ってました!フリーでの活動になるようです。所属事務所は違いますが、僕が今までお世話になったことやこれからの関係は何も変わりません」「山さんが帰って来るぞぉぉぉぉぉっ!」と投稿。山本の芸能活動再開を大いに喜んだ。

「ダウンタウンや吉本印天然素材のブレイクをきっかけに、吉本興行は東京に本格進出しました。その象徴といえるのが、1994年に開場した銀座七丁目劇場で、極楽とんぼはその最古参メンバー。『新しい波』『とぶくすり』(ともにフジテレビ系)といった深夜バラエティに出演するなど、東京吉本の土台を作った若手コンビといえます。そんな彼らを慕う芸人は多く、特に七丁目劇場出身の後輩からは絶大な信頼を寄せられています。ロンブーの淳さんも、その1人ですね」(お笑い関係者)

 淫行騒動で吉本との契約を解除された山本だが、メディアなどによって動向が伝えられると、そのたびに芸人仲間から復帰待望論が巻き起こっている。すでに8年以上も表舞台から遠ざかっていながら、単独ライブの開催がこれほど注目を浴びているのも、これまで数々の芸人たちが彼の名前を呼び続けてきたからだろう。しかし、それほどまでに人望のある山本だが、今回の活動はフリーの芸人として行う。かつて山本が所属していた吉本は、彼の復帰を望んでいないのかもしれない。

「芸人たちの声に押されるようにして、これまでにも吉本は、山本さんの復活プランを考えてきたようです。しかし吉本の素行調査によると、いまだに山本さんは女性関係にだらしないところがあると判明し、復帰の計画はそのたびに頓挫した。契約解除の理由は淫行騒動ですからね。芸能活動を再開させたものの、また女性スキャンダルが出るようなことがあれば、吉本の信用はガタ落ち。吉本としても、そこまでのリスクを背負うことはできないでしょう。ただ、裏を返せば、山本さんが結婚でもして落ち着いた様子を見せていれば、吉本も何か手を打っていたかもしれません。今回の復帰に関して、吉本は何も知らなかったようですが、今後の展開によっては、山本さんが吉本と再び契約を結ぶ可能性もあると思います」(芸能関係者)

 吉本とすれば、山本が世間から受け入れられるどうかを見極めたいところなのかもしれない。ネット上にも、山本の復帰には、「十分な反省期間」「チャンスを与えるのはいいこと」「芸人魂に期待」といったコメントのほか、「顔も見たくない」「不愉快」「需要なし」などの声が上がっている。

 賛否両論、さまざまなコメントが飛び交っている復帰ライブだが、山本が観客を味方にすることができれば、吉本も重い腰を上げるかもしれない。いずれにしろ、ネタ次第といえる状況を迎えた山本は、今ごろ若手のころを思い出して必死に稽古に励んでいることだろう。
(文=峯尾)
著書『松本人志は夏目漱石である!』(宝島社新書)

メンズサイゾー

トピックスRSS

ランキング