「サブカル女子にケンカ売ってる」二階堂ふみ&星野源の熱愛報道に大ブーイング

メンズサイゾー / 2015年10月28日 19時0分

写真

 女優の二階堂ふみ(21)とシンガー・ソングライターで俳優の星野源(34)に交際報道が飛び出した。28日付の日刊スポーツが報じており、二人は2013年公開の園子温監督(53)の映画『地獄でなぜ悪い』で知り合い、今夏公開されたウェブ動画での再共演をきっかけに交際に発展したという。

 これを受けて双方の事務所がコメントを発表したが、星野サイドは「プライベートのことは存じておりません」とし、二階堂側は「仲の良い友人の1人です」。いわゆるお決まりのパターンであり、いずれも強く否定していないことから交際の信憑性は高いとみられている。

 才能ある美男美女のお似合いカップルのようにも思えるが、互いのファンの反応は複雑。むしろ明らかに歓迎されていないフシもあり、以下のような厳しい意見も飛び交っている。

「結局、若い女がいいんだね」
「星野源はサブカル女が嫌いとか言ってたのに」
「二階堂ふみの恋愛遍歴はサブカル女子にケンカ売ってるとしか思えない」
「元カノのaikoが40歳になる1カ月前に13歳下の女と熱愛とかイイ根性してるわ」
「星野源が急に気持ち悪くなってきた」

 二階堂といえば、女子高生時代から昨年まで15歳年上の俳優・新井浩文(36)と交際。こちらも園監督の映画『ヒミズ』での共演がきっかけとなっており、まさしく共演者キラー。同年に新井とは破局したが、今年2月にはOKAMOTO'Sのドラマー・オカモトレイジ(24)との「朝までデート」を報じられ、さらに今度は星野とサブカル系に人気の俳優&ミュージシャンとの熱愛が続いている。

 一方の星野は、2011年に歌手のaiko(39)との熱愛が発覚。くも膜下出血で星野が倒れた時もaikoは彼に寄り添い、星野との恋愛体験が生かされた曲もあるとされている。5歳年上であまり世間的に美人扱いはされないaikoを恋人に選んだというあたりが女性ファンのハートに刺さり、これが人気上昇につながっていた部分もあった。

 また、星野のファン層はサブカル系が中心とされているが、2013年に女性ファッション誌『an・an』(マガジンハウス)のインタビューで「うがったものの見方をすることで"自分はわかってる"という選民意識を持つ、いわゆる"こじらせ系"女子が最近増えていますが...」と問われ、それに「すげー嫌い(苦笑)」とバッサリ。

 さらに「そういう女って周りのことバカにしてばっかり」「本来"こじらせ"は隠しておきたいことなのに、最近はいきなり『こじらせてるんだよね~』っていう人増えましたよね。すごくダサいと思います」とサブカル女子を斬りまくった。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
メンズサイゾー

トピックスRSS

ランキング