桐谷美玲・榮倉奈々・齋藤飛鳥...悪気がなくても「公開処刑」しちゃう恐るべき美女たち

メンズサイゾー / 2016年1月3日 18時0分

写真

 近年はネット上で「公開処刑」というワードが定着している。

 2011年に「サマンサタバサ」CM発表会見にAKB48(当時)の板野友美(24)が出席した際、同じく専属モデルを務めるローラ(25)や道端ジェシカ(31)ら本業のモデルたちと横並びになってしまっため、圧倒的な身長やスタイルの差が露呈。ひとりだけ「ちんちくりん」状態の板野が「公開処刑されてる」とネット上で揶揄されたのがきっかけだと言われている。

 最近は「公開処刑」が増加傾向。小顔でスタイル抜群なタレントが増えており、本人にその意図がなくとも周囲が「公開処刑」状態になってしまうのだ。本業のモデルなら仕方ないが、アイドルや女優の中にも「公開処刑人」が続々と現れている。

 その筆頭といわれるのが、乃木坂46の「神の選ばれし美少女」こと齋藤飛鳥(17)。身長は158センチとそれほど高くないが、驚くことに立ち姿は8頭身。その理由は驚異の小顔であり、顔は縦18センチ、頭回り50センチという小ささだ。

 板野のケースをはじめとしてAKBグループのメンバーはモデルと共演すると「公開処刑されてる!」と騒がれることが多いのだが、齋藤は見劣りしない数少ないメンバーとして知られている。だが、それゆえに乃木坂やAKBグループの他のメンバーが彼女と写メを撮ると「公開処刑」といわれてしまうのが恐ろしいところだ。

 その齋藤に唯一対抗できるのが、NMB48の「フレッシュレモン」こと市川美織(21)。身長は148センチと齋藤よりも低いが、顔はさらに小さいと評判だ。あまりの小顔ぶりにメンバーからは「絶対に隣に並びたくない」といわれ、AKBグループ屈指の美女である島崎遥香(21)ですらツーショットで「顔の大きさが二回りくらい違う」とファンから指摘されてしまった。

 さらに肉まんを食べる写真を公開すれば「肉まんより顔が小さい」と騒がれ、フォーリンラブ・バービー(31)は自分とのあまりの違いに「誰かにギュって(頭を)潰されたんじゃないの?」とツッコミを入れていたほどだ。

 女優業界では、桐谷美玲(26)が「公開処刑」の常習として有名。こちらも身長163.5センチで長身というわけではないが、驚異の小顔の持ち主。しかも、体重39キロと公表したこともある超スリム体型だ。出演者が横並びになる映画の舞台あいさつでは無双状態となり、共演した女優たちはバッサバッサとやられまくっている。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
メンズサイゾー

トピックスRSS

ランキング