ダレノガレ明美、ヤバすぎる「極上くびれ」に大反響! 大胆ビキニショットに絶賛巻き起こる

メンズサイゾー / 2016年7月28日 18時45分

写真

 ハーフ系タレントのダレノガレ明美(26)が27日、自身のInstagramとTwitterで大胆な水着ショットを連発。くびれがキュッと引き締まった驚異のスレンダー体型に驚きと絶賛の声が相次ぐ事態となっている。

 ダレノガレは26日からハワイに滞在しており、ビキニ姿で浮き輪に乗ってプールに浮かんでいる姿や海でフロートに寝そべりながら「のんびり~~」とハワイのビーチを楽しむ様子を報告。その中でもダレノガレの驚きのスタイルがあらわになった2枚の写真に大きな反響が巻き起こった。

 一枚は太ももまで海に浸かったバックショット。砂時計のシルエットのようにウエストがくびれており、ダレノガレは「1番体の中で好きなウエスト、頑張って作りあげたウエスト」「女の子らしくヒップはしっかり残したかったからウエスト集中メニューでトレーニングしたよ」とコメントを添えている。これにフォロワーから「くびれヤバイ!」「バービー人形みたい」「くびれも凄いけど良いケツ!」「美しすぎる」「ウエスト何センチなんだろう」などと絶賛コメントが殺到した。

 もう一枚は「日焼けした 体がヒリヒリ...水着はハワイで買いました」とのコメントとともに投稿された別の水着での写真。こちらは正面からのショットで木に寄りかかって立っているものだが、よりスタイルが際立つ写真となっている。これにもフォロワーから「スタイルやばい!」「痩せてるのに胸があってすごい」などと賞賛の声が相次いでいる。

 その一方、ファンからは「痩せすぎでは」と心配の声も上がっている。ダレノガレは20日に自身のTwitterで、フォロワーからの「そんな細くて大丈夫?何キロあるの?」という質問に応える形で「今朝計ったら43.63㎏だったよ」と公表。今年3月にも「43.4㎏」でダイエット中であることを明かしており、4カ月たった現在も体重をキープしているようだ。

 ダレノガレは身長164センチ。現体重で肥満度を示す「BMI」の数値は16.2となり、かなりの「痩せ型」に分類される。また、女性ネットユーザーからは「また痩せ自慢?」「いちいち体重を公表する意味が分からない」などと批判が噴出していると一部で報じられ、今回のくびれアピールも好感度の低下につながってしまうのではないかと心配されている。

 だが、今の彼女であればそんな心配も無用だという。

「かつての炎上キャラ時代であれば大バッシングが巻き起こってもおかしくありませんが、最近のダレノガレは毒舌を封印して好感度キャラに転換。また、元から痩せているというだけなら嫌みにも感じられますが、彼女は20代前半当時の体重67キロ、ウエスト80センチのぽっちゃり体型だった時期の写真を公開しており、エステやジムに通って健気にダイエットに励んできたことをファンは知っている。努力の賜物ですから好感度が上がりこそすれ、下がることはないでしょう」(女性誌記者)

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
メンズサイゾー

トピックスRSS

ランキング