鈴木ふみ奈、バストはみ出す究極の「貝殻ビキニ写真集」に絶賛の声! 武田久美子の後継者に?

メンズサイゾー / 2016年8月23日 18時0分

写真

 グラビアアイドルの"ふみにゃん"こと鈴木ふみ奈(26)が2冊目の写真集「Maganda!」(双葉社)をリリースし、伝説の「貝殻ビキニ」を身に着けたショットが反響を巻き起こしている。

 同作は「ふみにゃん史上最大露出」と銘打たれ、96センチHカップの豊満バストと93センチのむっちりヒップをギリギリまで露出させたという内容。「乳派も尻派も大満足」と予告されていたが、その言葉に偽りはなかったようだ。数々の大胆カットの中でも特に話題になっているのが、表紙にも使われた貝殻ビキニ。27年前に武田久美子(48)が披露して世間をアッと驚かせた"伝説"の再現だ。

 といっても武田の時代よりも露出度は格段に上がっており、胸部分の貝殻はバストを隠し切れずに下乳や横乳がハミ出してしまっている状態。下半身も大事なところがギリギリ隠れているだけという過激さであり、後ろから見たら大変なことになっているのではないかと心配になるほどだ。これにネット上では「これはヤバすぎ」「すごいの一言!」「伝説を超えた」「グラビアアイドルが出来る限界の最高写真集」などと絶賛が巻き起こっている。

 この露出度のエスカレートについては、鈴木もTwitterで「現代に進むにつれ貝が小さくなってる」と言及。過去の武田やお笑い芸人の青木さやか(43)の貝殻水着ショットを並べて自身の水着を比較したが、貝殻が武田のころよりも一回り小さくなっているのが一目瞭然だ。フォロワーからは「最終的にはシジミになる?」「シジミ水着を希望!」などと熱い要望が寄せられているが、今回の水着でも限界サイズだったらしく、鈴木は「今回かなりギリギリのサイズだったからホタテまでですよ。笑」と返している。

 鈴木は過去にもイメージDVDで貝殻水着を身に着けたことがあったが、当時は上半身だけ貝殻で下は普通の水着。バストを隠す貝殻も今回より大きめのものだった。当時も上下貝殻に挑戦したかったそうだが、貝殻水着は繊細で壊れやすいために「動画だと難しい」という理由で上半身のみとなっていたのだ。

 だが、今回は本人やスタッフの努力によって完全再現。貝殻水着は自身の発案で並々ならぬ思い入れがあるらしく、鈴木は自身のブログで「貝殻水着着れたのは本当に嬉しいなぁ。武田久美子さんにいつかお会いして許可取りたい(笑)。鈴木ふみ奈と言ったらこの水着だ!って言われるようなグラビアを撮るのも私の目標」と綴っている。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
メンズサイゾー

トピックスRSS

ランキング