最上もが、女性芸能人に押し倒されたエピソードにファンも興奮! 「交際経験ゼロ」「バイセクシャル」告白に大反響

メンズサイゾー / 2017年10月18日 19時20分

写真

 今年8月にアイドルグループ「でんぱ組.inc」を卒業した最上もが(年齢非公表)が、今月17日深夜に放送された『有田哲平の夢なら醒めないで』(TBS系)にゲスト出演。男性との交際経験がゼロだと明かし、さらに自身がバイセクシャルであると驚愕の告白をしたことが話題になっている。

 番組内で理想のタイプを聞かれた最上は、「あんまり人を好きにならないです」と発言。「付き合うって口約束みたいなところがある。みんなすぐウソつくし、どうせ裏切るだろうとか思うし、傷つくくらいなら関わりたくない」と恋愛に臆病になっていることを明かした。

 過去に何度も既婚者に迫られたことによって「結婚する気も付き合う気もなく言い寄ってくる。そんな簡単にウソを言えるんだ」と重度の男性不信になり、いまだに一度も彼氏がいた経験がないという。

 さらに「10代くらいの頃から普通に女の子の方が好きだった」と女性も恋愛対象であると衝撃の爆弾発言を繰り出し、最近本気で好きになったという女性芸能人との恋愛エピソードまで暴露した。

 その女性芸能人とは仲の良い友人だったそうだが、相手から「友だちとして見てるっていうよりは、性的な対象として見てる」と言われたことで最上も恋愛対象として意識するようになったという。普段は楽しくお酒を飲みながらハグやほっぺにチューといったスキンシップをされていたが、ある時には突然押し倒されて「可愛いね」と口にキスされたこともあったという。

 最上も相手に「好きです」と伝えるなど相思相愛となっていたが、お相手が男性と結婚してしまったために交際を諦めたそうだ。

 これに司会の有田哲平(46)は「結構なカミングアウトですけど」と驚愕し、出演陣からは「お相手は誰!?」と質問が飛んだが、最上は「知ってる人は知ってると思うんですけど、結婚なさっているので」と名前は明かさなかった。

 この衝撃発言はネット上でも大反響。男性層を中心に「最上もがの好感度が一気に上がった」「交際経験ないって聞いて急激に好きになった」「もがちゃんが処女だったら死ぬまで応援する」「むしろ完全にレズビアンであってほしかった」「もがちゃんがバイだと知って興奮を隠しきれない」などと好意的なコメントが大量に飛び交っている。

「最上さんは以前からブログに『ぼくはレズじゃないです。バイです』などと綴っていましたが、具体的なエピソードが明かされたことでファンも驚いているようです。お相手の名前は伏せられていましたが、ファンは最上と仲のいい人気バンド『SEKAI NO OWARI』のSaori(31/今年1月に結婚)ではないかなどと"百合妄想"に花を咲かせており、アイドルファンにとっては嬉しい『男性との交際経験ゼロ』という告白も相まって好感度がグンと高まったといえそうです」(アイドルライター)

 突然のグループ脱退や度重なる体調不良など、ここ最近はファンが不安になる要素が目立っていた最上。だが、今回の吹っ切れたかのような告白によって再び勢いを取り戻してくれそうな気配だ。
(文=佐藤勇馬/Yellow Tear Drops)

メンズサイゾー

トピックスRSS

ランキング