24時間ランナー・佐々木健介に『殺人容疑』疑惑? 相撲だけじゃないプロレス界の“かわいがり”

メンズサイゾー / 2012年8月25日 15時0分

写真

 25~26日に放送される『24時間テレビ35 愛は地球を救う』(日本テレビ系)の名物企画・チャリティーマラソン。今年はプロレスラーの佐々木健介一家がランナーに選ばれ、第1走者が健介(46)、第2走者が長男の健之介くん(13)、続いて次男の誠之介くん(9)、アンカーは妻で元女子プロレスラーの北斗晶(45)が務め、リレー形式で計120Kmの走破に挑む。

 視聴者を感動させること間違いなしの鉄板企画であるが、佐々木には24時間テレビの主旨にふさわしくない“17年前の殺人疑惑”が以前から取りざたされている。

 1995年1月26日、新日本プロレスの練習生だった当時22歳の権瓶広光さんが練習中に脳挫傷で倒れ、その4日後に死亡した。この現場でコーチを務めていたのは健介であり、事故の原因になった技を権瓶さんに仕掛けたのも彼だったといわれている。だが、レスラーが試合中やハードな練習によって重いダメージを受けて死亡するケースはまれにあり、この事件も警察の調べで事故として処理されている。

 ところが、これを「殺人事件」と断定する証言がある。

 それを証言した人物とは、日本でも活躍した米国のプロレスラー、クリス・ベノワ(故人)だ。彼は自伝『RING OF HELL』の中で「権瓶広光の殺人事件はプロレスの歴史の中でもおぞましさにおいて1、2を競うものだろう。殺人容疑者が罰せられることもなく、超のつくほどの有名人になっているのだからなおさらだ」と綴り、名指しはしていないものの健介を“殺人容疑者”として告発。殺人事件が隠蔽され、“事故”として処理されたと主張している。

 ベノワは事故当時の状況も書き残しており「権瓶が練習をうまく乗り切れなかったため、佐々木が怒りを爆発させたんだ。佐々木は権瓶に危険なスープレックス(投げ技)を何度も繰り返し、危険な角度で頭から落としていた。練習生たちへの見せしめのために痛めつけようとしただけなのか、それ以上の意図があったのか、それは分からないがやり過ぎてしまった」と綴っている。

 権瓶さんは専修大学のアマチュアレスリング部出身という下地はあったが、事故の一週間ほど前に入門したばかりだった。新聞発表では「スパーリング中に受け身を取り損ねて右後頭部を強打して死亡」とされているが、単なる練習を超えた“かわいがり”だった可能性がある。

 ベノワは米トップ団体「WWE」などで活躍した超一流レスラーだったが、ブレイク前は新日本プロレスのジュニア戦線で活躍しており、彼にとって新日本は第二の故郷のような存在。健介は同じ釜の飯を食べた仲間であり、その彼を“殺人容疑者”呼ばわりするのだから、相当の確信があったのではないかと推測される。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
メンズサイゾー

トピックスRSS

ランキング