「●●殺してえ」狂気の鬼束ちひろがブッ壊れたワケ

メンズサイゾー / 2012年6月26日 19時0分

写真

 「月光」などのヒットで知られる歌手の鬼束ちひろ(31)が、Twitterで大物芸能人への殺害願望ともとれる書き込みをして問題となった件で謝罪し、騒動は一応の収束となった。

 6月22日にTwitterを開始した鬼束は、異様なテンションで書き込みを展開し、「あ~和田アキコ殺してえ」「なんとか紳助も殺してえ」とツイート。程なく削除したが、ツイートは拡散されてニュースにもなり、和田アキ子(62)が自身のラジオ番組で「『殺してえ』なんてつぶやかれちゃってね。変わった人だよね。とにかく変わった人だから放っておこうね」と反撃する事態にまで発展した。

 23日に鬼束のアカウントは承認したフォロワーしか見られない「鍵付き」となり、所属事務所が「本人の大人げないいたずらな書き込み」で迷惑をかけたとして謝罪。さらに、鬼束が直筆の謝罪文を発表し、本人にも謝罪したことを明らかにした。

 25日にTwitterを再開した鬼束は、「状況は厳しい。世間体では」と多くの批判があったことに触れながら、「あたしはちっちゃい人間だけど、こんなにたくさんのひとから、声をかけて貰ってる。なんて幸運!!イエェェェェェェェェエ!!!」とファンの励ましにハイテンションで応えている。

 以前は陰のある大人しいイメージだった鬼束だが、当時から“変わり者”の片鱗は見せていた。「月光」がヒットした翌年の2003年、音楽番組『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)に出演した鬼束は「飼っていたハムスターがカタカタうるさかったのでベランダに放置したら熱射病で死んでた」「またハムスターを飼って外に出したら凍死した」と発言。動物虐待ではないかとの批判が殺到し、当時の所属事務所が謝罪する事態となった。

 その後、03年に声帯結節を発症して活動休止。手術を経て復活したが、活動方針をめぐって事務所と対立し、移籍騒動によって長期の活動休止に追い込まれた。この期間中、鬼束は大量服薬によって自殺未遂を図り、体重が36キロまで落ちたという。さらに、05年にストーカー被害にも遭い、移籍したSony Music Artistsとの契約を僅か9カ月で打ち切られるなど相次いで悲運に見舞われた。

 07年に個人事務所を設立した鬼束は、今までの清楚なイメージを覆すような過激なロックテイストのビジュアルに変化し、インタビューなどでの発言もエキセントリックなものになった。10年8月には、同棲中の男性に暴行を受けて全治1カ月の重傷を負うという事件にも巻き込まれ、お騒がせキャラのイメージが定着してしまった。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
メンズサイゾー

トピックスRSS

ランキング