「可愛すぎる海女」を演じる朝ドラヒロイン・能年玲奈の背後にまたもドンの影?

メンズサイゾー / 2012年7月27日 16時0分

写真

 2013年4月より放送開始となるNHK朝の連続テレビ小説『あまちゃん』のヒロインが発表された。主役の座を射止めたのは、19歳の能年玲奈(のうねん・れな)。カルピスウォーターのCMで爽やかな笑顔を見せているショートカット美少女だ。

 人気作家で俳優でもある宮藤官九郎が脚本を務める『あまちゃん』は、「可愛すぎる●●」ブームの火付け役となったアイドル的人気の海女をモチーフに、少女の奮闘を描く物語。ヒロインは女子高生ながら祖母の指導を受けつつ海女になり、地元アイドルとして町おこしを成功させる。その後、東京に進出し今度は国民的アイドルを目指すことになるという。

 ここ数年の朝ドラは、新人ではなく宮崎あおいや井上真央、堀北真希のような売れっ子女優がヒロインを務め高視聴率を上げてきた。『あまちゃん』に関しても、水面下では前田敦子や元ももいろクローバーの早見あかりの名がささやかれていたが、最終的にはオーディション応募者1953人の中から彼女が選ばれた。この抜擢に、「もしかして、またバーニングパワー?」という声も業界内では聞こえている。

「新垣結衣がプッシュされ始めた時期と感じが似ているんですよ。つまり芸能界のドンと呼ばれる、バーニングプロダクション周防郁雄社長の息がかかっているということです。加藤あいや田中麗奈と違って、あまり濃いバーニング臭はしないのですが、新垣もドンの寵愛を受けて育った一人。彼女をトップ女優として成功させようとドンが売り出し期に力を入れていたため、今では彼女の所属するレプロエンタテインメントはバーニングへの"上納金"ナンバーワンです。能年玲奈も新垣と同じ雑誌のモデル出身で、レプロ所属という共通点もあるのですが、今のところドンのオキニの若手のようです」(業界関係者)

 とはいえ、『あまちゃん』の一つ前のクール、今年10月スタートの『純と愛』ヒロインの夏菜も、バーニングが強引にネジ込んだともっぱらだ。

「『純と愛』も一応オーディションを勝ち抜いて起用が決定したとの発表でしたが、デキレースだったことは明らか。矢田亜希子の失速で稼ぎ頭を失ったバーニング傘下のトヨタオフィスを救済するために、夏菜を押したんです。ですから、いくら周防氏がNHKと太いパイプを持っているといえども、二作連続でヒロインをゴリ押しされては制作側も黙っていられないでしょう。『今度もヨロシク』ぐらいのやりとりはあったかもしれませんが、『あまちゃん』に関してはオーディションで他にイイ玉がなかったことが功を奏したのでは?」(週刊誌記者)

 ともあれ、能年がこれで無名の新人女優から一気に注目の朝ドラ女優へ駆け上がったことは間違いない。2007年の映画『恋空』で大ブレイクしたガッキーのその後の順調な仕事ぶりを見れば、能年玲奈もブレイク確実と言えそうだ。

※イメージ画像:『PHaT PHOTO 2012年 02月号』ぴあ


【関連記事】
芸能界のドン・最後の寵愛!? 2012年最強のスーパーゴリ押し女優誕生

【関連記事】
武井咲の傲慢天狗ぶりに業界内ブーイング勃発?

【関連記事】
露出狂女優が激増!! 朝ドラ女優も「全裸は基本」

メンズサイゾー

トピックスRSS

ランキング