リアルすぎる感情描写!! 上戸彩主演の不倫ドラマ『昼顔』がエグい

messy / 2014年7月18日 16時30分

写真

 不倫に溺れる人妻を描く連続ドラマ『昼顔~平日午後3時の恋人たち~』(フジテレビ系)が17日にスタートした。主人公には一昨年EXILEのリーダー・HIRO(45)と結婚した女優の上戸彩(28)がキャステングされ、実生活でも人妻である彼女が不倫の恋を演じるとあって、放送前から話題になっていた。

 初回から、絶賛不倫中のセレブ妻・滝川利佳子を演じる吉瀬美智子(39)が「ホントの恋愛なんて結婚してからじゃなきゃできないわ」と、上戸演じる平凡なパート主婦・笹本紗和に不倫の魅力を説いたり、真っ昼間から利佳子が伊藤英明(38)演じる“出会い系サイトで知り合った男性”をホテルに呼ぶシーンが放送されるという濃い展開に。ネットでは早速「昼ドラ並みにドロドロ」「リアリティある」「続きが気になる」と反響が相次いでいる。

 このドラマの魅力は、既婚者が共感できる感情描写が多いところだろう。例えば、紗和の夫・俊介が、紗和のことを「ママ」と呼ぶシーン。2人にはまだ子供はいなく、その呼び方について夫が悪意を持っているわけではないとわかっていても、なんとなく子供がいないことに関するプレッシャーのように感じる紗和。子供が欲しいと考えている既婚女性には刺さるものがあるのではないだろうか。

 一方で、紗和の姑は、2人に子供ができないことについて紗和に「あなたに色気がないから」と言い放つ。そんなふうに姑にキツイ言葉をかけられたことを夫に伝えると「そんなことない。可愛いよ」と優しさを見せてくれ、2人で手をつないで眠るのだが、それ以上のことはなく、セックスレスが続いている。その時に紗和が感じる「私たちは仲良し。でも……」という微妙な満足感と物足りなさを覚える様が実にリアルだ。

 また、利佳子宅でホームパーティーが行なわれていた際に、利佳子の不倫相手がそこに乗り込もうとするシーンがあった。その時、紗和は「私の弟です。迎えに来てもらう約束をしてたんです」と嘘をつき、利佳子の不倫がバレることを防いだ。しかし、それを見ていた利佳子の夫は、「あの男は紗和の不倫相手なのでは」という疑いを持ち、利佳子に紗和との付き合いを控えるように忠告する。人妻の不倫にまつわる特集記事を組む雑誌の編集長を務めているにも関わらず、自分の妻の不倫には全く気づかないばかりか、妻の友人の不倫を疑うという利佳子の夫の姿はなんだか哀れだ。しかし、配偶者に不倫されている側というものは、案外「うちに限ってまさか」と他人事のように捉えているケースも多いのかもしれない。

 次回の放送では、紗和が斉藤工(32)演じる生物教師と不倫の扉を開けてしまいそうな予告もあり、今後の展開から目が離せないドラマになりそうだ。ただ、実際には不倫は夫婦間で最も大きなタブーである。このドラマが不倫を増長させる結論にならないようことを祈りたい。
(シュガー乙子)

messy

トピックスRSS

ランキング