一般人以上芸能人未満・“エビちゃんの妹”蛯原英里のうますぎる多角的ビジネス展開

messy / 2014年8月17日 15時0分

写真

 タレントでモデルの蛯原友里(34)の双子の妹で、現在チャイルド・ボディ・セラピストとして活躍している蛯原英里(34)が、8月6日、第一子となる女児を出産した。

 姉の友里は「とっても可愛く元気に泣く姿を見てとても感動しています。妹夫婦も幸せそうで私も自分のことのように嬉しいです!」と当日に所属事務所を通じてコメントを発表し、翌日には蛯原英里自身が公式ブログで「私達夫婦の素敵な宝物です 今はこの幸せな思いを丁寧に かみしめてゆっくりとした 時間を過ごしていこうと思います(はぁと)」と出産報告を行った。

 スポーツ紙によれば妊娠時「結婚10年目でベビーを授かったことを発表していた」とあり、今年3月3日の妊娠報告を行った際のブログでは「ベビーマッサージを通じて、沢山のママ&赤ちゃんと一緒に居れる環境の中『私もいつかは・・・』と考えていました」と記されている。まさに待望の赤ちゃんだったようだ。

 もともとNICUの看護師として働いていた彼女は、6年の勤務を経て、まったくの異業種となる「サマンサタバサ」の子会社にプレスとして転職する。しかし、その後も「ママと赤ちゃんの近くで何かしたい」という思いがあり、べビーマッサージを学ぶ。2012年には「ena AMICE」を立ち上げ、現在の肩書き、チャイルド・ボディ・セラピストとして活動するようになった。「ena AMICE」のホームページによれば、べビーオイルマッサージや産後のエクササイズ、プレママ講座といった妊娠〜産後の女性をサポートする教室を行っている。

 このように肩書きや経歴だけを見れば、タレント活動とは無縁の一般人に見える蛯原だが、姉・エビちゃんのブレイク時に“美人姉妹”としてメディアにたびたび取り上げられ“蛯原友里の妹”と広く認知されたことをうまく利用して、「一般人以上芸能人未満」のやや美味しいポジションにいる。

 公式ブログ(芸能人御用達のアメブロ)で日々の生活の様子を綴り、お馴染み“落ち目芸能人の吹きだまり”とも称される「Ameba有名人ショップ」にも名を連ねる。こちらでは「レース、チュール、リボンなど、女の子が大好きなディテールを贅沢に詰め込んだ」よだれかけをプロデュースしている。また書籍『蛯原英里のベビーマッサージ』(主婦と生活社)、『蛯原英里の産後トレーニング』(講談社)、『蛯原英里のエルゴエクサ』(主婦と生活社)ではいずれも書名に名を冠し、表紙にも自身のポートレートを使い、“蛯原友里の妹”という肩書きを上手にビジネスに使っている。それだけでなく、「saita」(セブン&アイ出版)9月号では表紙まで飾り、インタビュー記事『蛯原英里さん「私、ママになります」』にも登場。ウェブに一部掲載されているが、本当に姉の蛯原友里にそっくりである(むしろ20代前半の頃より、そっくり度合いが増してきたような感もある)。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
messy

トピックスRSS

ランキング