不倫、未成年飲酒、元『あいのり』メンバーとの熱愛。「乃木坂46、終わったな…」

messy / 2014年10月16日 17時0分

写真

 先日、「週刊文春」(文藝春秋)にて報じられた乃木坂46のメンバー・松村紗友理(22)の不倫スキャンダル。

 この報道後、松村はラジオ番組『レコメン!』(文化放送)に生出演し、件のスキャンダルについて「男女の仲という感じでは全くない」「ひどく酒に酔っていた」と否定した。

 しかし、その釈明の白々しさに世間からの反感は増す一方。加えて、ネットでは松村のお相手とされた集英社勤務の男性の身元が特定され、すでに閑職に回されたという話も出ている。

 いまだ沈静化する気配のないこのスキャンダルに、さらなる追撃が発動した。本日発売の同誌デジタル版にて、松村のデート当日の動画と飲食店内での会話を記録したメモの一部が公開され、同時に彼女と同じ乃木坂46のメンバーである大和里菜(19)と畠中清羅(18)のスキャンダルが報じられたのだ。

 大和には未成年飲酒疑惑が取り沙汰され、畠中はかつて『あいのり』(フジテレビ系)に出演していた美容師・玉木亮(27)との熱愛がスクープされた。清純派をウリにしていた乃木坂46であったが、松村の件は氷山の一角だったということだろうか。ネット上では「乃木坂、終わったな……」と落胆するファンが続出している。

 もう何度目かもわからないAKBグループ関連のスキャンダルだが、その当事者が人気メンバーであれば、報道自体がスルーされて謝罪も処分もナシ、ということもあった。逆に、あまり知名度のないメンバーが不祥事を起こした場合は、即解雇や活動自粛を命じられるケースも。

 今回スキャンダルが報じられた3名はいずれも乃木坂46の1期メンバーだが、大和と畠中はそれほど知名度が高くない。この件が引き金となり、グループから姿を消す可能性もあるだろう。松村も15日に出席するはずだったイベントを欠席しているところを見ると、そのまま活動自粛という線もあり得る。

 不倫路上キスなど生々しい現場もおさえられ、清純派アイドルの存在自体が揺らぐハメになった今回の件。これだけスキャンダルが噴出するのであれば、はなから清純派を謳わなければいいのではとも思うが、アイドルを名乗る以上、清純派をアピールしなければ固定ファンがつきにくいのも事実。清純派アイドルという肩書きは単なる決まり文句のようなものと化しているのだろう。

 その一方で、アイドル産業界には日々多くのユニットが誕生して飽和状態、かつ一時期のアイドルブームも落ち着きを見せている。そんな状況の中で清純派アイドルを貫いても、スキャンダルを撮られたら一発アウト。真面目に頑張ってもブレイクできずに年齢だけを重ね、最終的に何も残らない悲惨な結末を迎える可能性もなくはない。アイドルとはなんとリスキーな職業だろうか。

 なお、15日にはNMB48の主要メンバーである山田菜々(22)が「新たな目標が見つかった」として来年4月でのグループ卒業を発表している。アイドルのロールモデルが崩壊している中、今後は彼女のようにアイドル以外の道を模索するメンバーが増えてくるかもしれない。
(シュガー乙子)

messy

トピックスRSS

ランキング