アメブロに激震、仁義なき引き抜き戦略「LINEブログ」のオラオラぶり

messy / 2014年11月9日 9時0分

写真

 LINE株式会社は11月4日、芸能人やアーティスト向けのブログサービス「LINEブログ」を開始した。このLINEブログのアカウントは、そのままLINEの「公式アカウント」と紐付けられており、ブログが更新されるとLINE公式アカウントよりお知らせが来る仕組みとなっている。

 サービス開始と同時にオープンしたのは10ブログ。主な顔ぶれは、鈴木奈々、GReeeeN、先日離婚したばかりの清原亜希、今年第一子を出産した小森純、舟山久美子……などなど。GReeeeNを除けばモデル系(元モデル含む)が多いようだ。

 芸能人向けのブログサービスといえば、これまでサイバーエージェントが運営する「アメーバブログ」が一人勝ちの状態だったが、ようやく競合といえるサービスが登場した格好となった。事実、LINEブログのプレスリリースには、主なメンバーのブログURLも記されているのだが、GReeeeN、小森純、椎名ひかり、鈴木奈々、藤井リナ、舟山久美子、山本舞香の実に7組がアメブロからの乗り換え組なのである。ブログ初開設のアローディアを除けば、約8割の計算だ。

 同社が手本としたビジネスモデルがアメブロであることは疑いようがない。そのうえで、ブログ未開設のタレントを新規に呼び込むことに加え、アメブロからのタレント引き抜きを積極的に行っているようだ。デザインを見るとアメブロよりもすっきりしていて、ダサいアメブロを受け付けられないというタレントはすぐさまこちらに流れてきそうでもある。

 LINE株式会社が公開している「2014年4-9月媒体資料」によれば日本国内のLINEユーザー数は5000万人を超えており、日本の人口の39.1パーセントにあたる。ユーザーの層も、スマホとほぼ同様で、12歳~39歳までが約70パーセントを占める。ネットに親しむ層が多く利用しているLINEのサービスに乗っかったほうが、新規のファン獲得に繋がりやすいのではと考えた可能性は高いだろう。

 またLINE公式アカウントを所有しているタレントで、かつアメブロを運営していれば、ブログを更新する作業に加えてLINEでもその記事の告知を行っている場合があり、ちょっとした手間といえば手間ではある。紗栄子などもよくブログを更新したらLINE公式アカウントでお知らせしているが、このような、アメブロとLINEアカウントの両方を所有しているタレントは、第一弾タレントに続けとばかりに、LINEブログに移行してくるかもしれない。

 まだサービス開始直後であり、第一弾のタレントも10組と少ないため、現時点で大きな影響はないだろうが、移行が次第に進んでいけば、サイバーエージェントにとっては悩ましい問題となることは間違いない。今後もLINE株式会社が強気の引き抜き作戦を講じてくれば、LINEブログがアメブロを凌駕する可能性もある。一世を風靡したアメブロが過去のモノとなってしまう日はそう遠くないのではないだろうか。

■ブログウォッチャー京子/ 1970年代生まれのライター。2年前に男児を出産。日課はインスタウォッチ。子供を寝かしつけながらうっかり自分も寝落ちしてしまうため、いつも明け方に目覚めて原稿を書いています。

messy

トピックスRSS

ランキング