バラエティを席巻する浅田舞に「真央ちゃんの立場も考えて」との批判は妥当なのか?

messy / 2014年12月15日 18時30分

写真

 先日の「週刊プレイボーイ」(集英社)でグラビアに初挑戦し、グラマーなボディが話題になったプロフィギュアスケーターでスポーツキャスターの浅田舞(26)。最近では、『ダウンタウンDX』(日本テレビ系)や『嵐にしやがれ』(同)などのバラエティ番組に出演し、活躍の場を広げ、自身の恋愛観や妹の浅田真央(24)のプライベートな側面についてまで明け透けに語るという“暴露キャラ”を開花させている。14日に放送された『サンデージャポン』(TBS系)では、そのキャラにさらに磨きがかかっていた。

 同番組にVTR出演した彼女は、過去の恋愛について語り、「すぐに浮気されちゃう」と告白。元彼の浮気相手の女性について、いろいろと調べたこともあるそうだ。付き合う男たちが次々浮気するとなれば男性不信になってもおかしくないが、彼女自身は結婚願望が強いそうである。

 番組中で詳しくは触れられなかったものの、彼女はヒップホップグループ・シクラメンのリーダーであるDEppa(31)と交際中。先月には「来春結婚!」との報道もあったが、舞は自身のTwitterで「何も決まっていません」と否定していた。しかし熱愛報道→結婚否定報道のコンボによって、DEppaとの関係がギクシャクしていることも明かし、「もう春まで結婚できないじゃないですか。どうしよう?」と不安がる一幕も。

 なお、彼との結婚の可能性は「ハーフハーフ」だと、妹・真央が5月に行った記者会見で引退か現役続行か問われた際に発した名言を用いて回答。また、結婚の際は同番組で一番に報告すると約束したものの、「相手が違ったらごめんなさい」という意味深な一言を残していた。

 フィギュア現役時代に妹・真央の質問ばかりを受け、常に彼女と比較されていたことにストレスを感じ、夜遊びを繰り返していたと語った舞。金髪ギャルだったという当時の写真も同番組で公開した。

姉妹格差を突き付けられた思春期

 『サンジャポ』での舞について、視聴者からは「こんなに暴露して何がしたいの?」「妹と恋愛の話題しかできない」といった冷めた声のほか、「真央ちゃんの立場も考えて」と真央ファンからの批判があった。もはや、舞がバラエティ番組に出演すると、その都度「真央ちゃんの立場を~」とのコメントがわくのがパターン化していると言っても過言ではない。しかし、舞のタレント活動と、真央のアスリート活動は別物。舞が、真央のプライベートを面白おかしくネタにするだけのタレント活動を展開しているならまだしも、彼女自身の恋愛観やギャル時代のネタがメインなのだから、さほど批判される筋合いもないように思われる。

 なにより、舞自身が語るように、彼女は彼女で、優秀な妹と比較され続ける苦しい時期を経てきた。“浅田真央の姉”としてしか扱われず、真央のために自分を犠牲にしたこともあるはずだ。いまはバラエティ番組でクラブ通いをネタにできるほど吹っ切れているのかもしれないが、思春期に妹との格差をこれでもかと突きつけられた舞の心境を考えると、当時の姉妹の確執はかなり深いものだったのではないかと考えられる。

 ただ、真央が休養している今シーズンだからこそ、こうしてメディアで舞自身が注目を浴びる番が回ってきたわけで、来年以降の姉妹の活動がどうなるかはわからないが……。
(ルイコスタ松岡)

messy

トピックスRSS

ランキング