不倫発・矢口真里とクローゼット間男の同棲関係はヒモか純愛か

messy / 2013年11月12日 17時0分

写真

 自宅不倫からの離婚騒動で壮絶なバッシングを受け、芸能界を休業中の矢口真里。ゲーム三昧の引きこもり生活や、二重あごの激太り姿などを報道されてきたが、ついにあのクローゼット間男こと梅田賢三との2ショットが「週刊女性」(主婦と生活社)に掲載された!

 記事によると、二人は矢口のマンションですでに半同棲状態だという。矢口が休業宣言した10月19日直後から二人の姿は矢口のマンション付近でたびたび目撃されており、近所の焼肉店に行き食事を楽しんだあと(支払は梅田の財布から)、会計時にもらったガムを噛みながら楽しそうに歩く二人の写真や、マンション近くのコンビニ前での梅田の写真が掲載されている。

 他に、歩いてすぐの地元密着型のカラオケ店で周囲を気にすることもなくカラオケを熱唱する二人の目撃談なども書かれており、カラオケ店での矢口は、さすがにモーニング娘。の楽曲こそ歌わなかったものの、その歌声は素人離れしていて周囲の客が聞き耳をたてるほどだったという。

 梅田はモデル事務所を解雇され、アルバイトで働いていたマッサージ店にはまだ籍はあるが、現在出勤はしていない。これでは一億あると噂される矢口の貯金目当てのヒモ志願か、と思われても仕方ないところだが……実は梅田との仲こそ純愛ではないか、との説もある。

 というのも元夫である俳優の中村昌也(ナベプロ)にもここにきて度を越えたマザコン疑惑が浮上。テレビで語った「子供の時は、おかんの髪の毛をくるくる(=さわる)しながら眠っていた」「離婚騒動で不安でどうしようもなかった時、オカンを呼び出し、ビジネスホテルの小さなベッドでオカンの髪をくるくるしながら眠った」などの発言には、ネット上では「年下の夫が寝るときに、『オカン』と言いながら髪の毛くるくるしてきたらイヤかも」などの書き込みが相次ぎドン引きされている。

 さらに中村が借金の返済で矢口を頼っていたという疑惑や、新婚当初からのDV疑惑もあった。これらの疑惑を中村側は全面的に否定しているため、真相は不明だが、もし仮に、中村と結婚したものの、マザコンや借金、DVで心身ともに疲れ切った矢口の唯一の癒しが梅田だったとしたら……。

 あれだけバッシングを受けた不倫相手と続いていることでまたイメージが悪くなるのも承知の上で、矢口が梅田と一緒にいることを選択しているのだとしたら、もはやこれは単なる火遊びではなく、純愛と言えるのかもしれない。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
messy

トピックスRSS

ランキング