「ますおか岡田圭右の妻・岡田結実の母」として出しゃばる岡田祐佳に、アノとんでもマザーの臭い

messy / 2017年4月6日 22時0分

写真

 お笑いコンビ「ますだおかだ」岡田圭右(48)の娘・岡田結実(16)が2世タレントとして完全にブレイクしている。子役として活動していた頃は岡田の娘であることを公表せず美少女タレント枠だったが、公表後は多数のバラエティに出演しひょうきんな性格で業界ウケを獲得。年末年始のテレビ出演本数はなんと女性タレント第一位! 複数のCM契約を抱え、春のセンバツ高校野球・ポスターイメージキャラクター就任など、同世代の女性タレントから頭ひとつ抜けた活躍ぶりだ。

 そんな娘のブレイクに乗っかり、結実の母で圭右の妻である岡田祐佳(41)が本格的にテレビバラエティに進出中である。彼女はかつてお笑いコンビを組みツッコミを担当していた女性で、岡田との結婚を機に27歳で芸能界を引退していた。だが昨年10月に娘とセットでバラエティに出演、反響があったのか、この春から様々なトーク番組に登場している。しかしあくまでも「結実の母・圭右の妻」という点しかウリがなく、強引にも見えるセット出演に、早くも視聴者はうんざりしている模様だ。

 たとえば4月1日放送の『メレンゲの気持ち』(日本テレビ系)。MCの久本雅美は最初こそ「お母さんよく出てくれたありがとね~。すごい若くてキレイなお母さん、元芸人なんですよね」と歓迎モードを示したが、家族紹介のVTRには「ヤンキーかよ」と毒を吐いた。ちなみに母娘そろって「閉店ガラガラ出たっワァオ!」を披露したが、父・圭右の写真や動画はなぜか登場しない。圭右は“ライバル心”から娘の出演番組は見ないらしい。

 母・祐佳がなぜテレビ出演を始めたのかというと、本人いわく「最初は静かに部屋にこもってようと思ったんだけど、みんなが出ろ出ろっていうから」。そのうえで長男が「ママの人生なんだから、人生一回しかないんだからやってみれば」と後押ししてくれたそうで、彼女は同番組で“芸能界復帰宣言”をした。家庭では娘に「私はそこそこモテてた。キレイだったんだ」と過去の水着写真を見せるなどしていたそうで、容姿に自信もあるのだろう。ナンパされた経験などのモテ自慢も散りばめつつ、夫との馴れ初めを披露するなど、喋り倒した。



 しかし一方で、4月3日放送の『しゃべくり007 SP』(日本テレビ系)では、ゲストのヒロミに「イジってもらいたい人」として登場し、20年ぶりの芸能界復帰で「岡田の嫁でいくのか、結実のお母さんでいくのか」方向性に悩んでいると明かした。夫に内緒で番組の収録に参加したという祐佳に、ヒロミは「ダンナが出てきて、娘が出てきて、負けじと母親が出てくる。珍しいパターンだね~」「娘さんの良き母、っていう方向性で良いんじゃないの?」と皮肉まじりのコメント。「お母さんが問題を起こさないようにね!」と、しゃべくりメンバーから注意されてもいた。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング