JYJ、クレポ、ヒップホップ風アイドル……2014年のK-POP界、見どころ教えます。

messy / 2014年1月12日 15時0分

写真

 韓流の裏も表も知っているスペシャリスト3人がリレー形式で、とっておきの極秘ネタから、先取りしたい注目スターまでをこっそり教えます。

 巷でブーム終焉と言われようが、K-POPは今年も元気いっぱい~。「でも、どこをどう楽しめばいいの?」--そうお悩みの方に、「これを押さえたら完璧!」な要注目アクトをご紹介しましょう。

 一発屋で終わるのか、CRAYON POP?

 まずは、5人のメンバーがデコボコ&不揃いに体を上下させる、通称「直列5気筒ダンス」で一躍ブレイクし、“2013年の顔”となったガールズグループ、CRAYON POP(クレポ)。ビジュアル面では“ももクロ・インスパイア系”と噂になりましたね。

KOREA20a

 そんな彼女らが、昨年末に発表した新曲「クリスマス」も、トンデモ系のビック・チューン。イントロでは「ルパン3世のテーマ」を、サビでは「ガラガラヘビがやってくる」(原曲:とんねるず)を堂々とパクり、見事に縫合させたのです。パクリ=K-POPのお家芸とはいえ、ここまでの芸当はそうそうありません。

 そんな華麗な怪盗ぶりを見せたのは、作曲家のキム・ユミン。インディ・バンド「SOUND WASH」のヴォーカルも務める彼は、オリジナル曲と主張しますが、そのそっくり具合は言い逃れができないほど……。バンドでは爽やかな音楽を聞かせてくれるだけに、残念な結果となりました。

 また、プロデューサーとして、売れっ子アイドルSHINEEにも曲を提供する彼。昨年、SHINEEが来日した際、ステージ上で「直列5気筒ダンス」を演じたこともクレポ人気に拍車をかけたのですが、なんてことはない、「僕らの作曲家の先生の歌の踊りだから、ちょっと真似てみようゼ」ってことだったのでしょう。

 デビュー後の約1年、ほとんど日の目を見なかった彼女らが「直列5気筒ダンス」でトップに踊り出て、その第2弾でバレバレのパクリをやってのけたことに、クレポ製作陣の焦りを感じます。果たして一発屋で終わるのか、それとも次があるのか……。2014年の最大の見どころです!

JYJのカウントダウンが始まる!

 そして本人の口から入隊について言及があったジェジュンと、彼の所属するJYJの活動も見逃せません。未だ日本できちんとした露出ができない彼ら。入隊に向けてのカウントダウンが近づいているだけに、どれだけ日本のマーケットにオフィシャルに食い込めるかがポイントです。

KOREA20b

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
messy

トピックスRSS

ランキング