「実は似ている!?」TAKAHIROとブラマヨ小杉に見る、イケメンと非イケメンの残念な境界線

messy / 2014年1月23日 18時0分

写真

 『メレンゲの気持ち』は日本テレビ系にて毎週土曜日の昼12時から13時半まで放送されている人気トークバラエティ―番組である。番組名は通称『メレンゲ』と呼ばれ、メインMCに久本雅美を配し、いとうあさこと高橋真麻がサブMCとしてまるで姉妹のようにその脇を支えている。毎週3~4組ほどの複数の芸能人や有名人がゲスト出演するのだが、何らかの共通点があるような“○○括り”という形であることは稀で、ほとんど面識のなさそうなゲスト同士が同じ回に呼ばれることが多いようだ。

 たとえ初対面であっても、彼らはリビングルーム調セットのスタジオ中央に設置された半円陣に組まれたソファー席に一緒に並んで座り、楽しくおしゃべりすることによって、次第にサークル仲間にでもなったかのようなアットホームな雰囲気に包まれる。それによって異業種ゲスト同士ならではの新鮮な掛け合いが生まれることもあり、そちらを観察してみるのもなかなか興味深い。

 1月18日の放送分でも、森公美子、ダイアモンド☆ユカイ、西川史子、EXILEのTAKAHIROという、まるでジャンルがバラバラのゲストたちが揃っていた。かろうじてユカイさんとTAKAHIROがボーカリスト繋がりであるだろうか。

  『メレンゲ』では毎回お約束のように、「芸能人の私生活見せちゃいます」と謳って、ほとんどのゲストが事前に自らプライベート映像を撮影してきたものを番組内で披露している。そこには芸能人のおそらくリアルなライフスタイルが映されているのである。もしかしたら、自分を良く見せるために多少演出している芸能人も中にはいるのかもしれないが。

 今回の放送分が離婚前の収録であった西川先生は、自宅にノンスタイルの井上、ザ・たっち、杉村太蔵などの芸能人らを招いて“西川会”と称した宴を開催している様子をビデオに収めていた。大量のかなり手の込んだ手料理を振る舞う西川先生だったが、空気を読まない太蔵から「こ~んなに普段(手料理)出ます!?」「そんなエプロンしたことないでしょ!?」と、いつもの“西川会”よりもだいぶ盛っているという偽装工作をあっという間にバラされてしまうのであった。

  『メレンゲ』仕様に気合いを入れたとみられる西川先生は、清楚なヒラヒラフリル純白エプロンを身に付けて高笑いすると「いつも通り、いつも通り~♪」と、すまし顏で反論していた。離婚を目前にした寂しさを仲間たちと一緒に楽しく紛らわそうとしていたのだろうか?

messy

トピックスRSS

ランキング