なぜ一芸披露にそれを選んだ!?  北川景子のデビュー秘話が斬新過ぎる!

messy / 2014年2月4日 18時30分

写真

 北川景子と錦戸亮(関ジャニ∞)によるW主演映画『抱きしめたい -真実の物語-』(東宝系)が、2月1日に公開初日を迎えた。北海道の網走市で出会った、ある一組の男女の間に巻き起こった実話を元にした感動的なラブストーリーで、北川さんは交通事故によって左半身の麻痺だけではなく、記憶障害の後遺症までも抱えてしまい、車椅子生活を送りながらも力強く生き抜いた女性役に挑戦。冬の網走という極寒の厳しい撮影状況の中でも、難しい役どころを果敢に演じきったようだ。主演の二人は今回の作品が初共演だったらしいが、番宣のために出演していたいくつかの番組でのやりとりを見るからに、同じ関西出身者ということもあってか、二人の空気感が自然でとても波長が合っている感じであった。

 そんな北川さんが映画公開前日の1月31日、23時から放送された『A-Studio』(TBS系)にゲスト出演していた。関西弁を話すイメージがあまりなく、普段は基本的に標準語で話しているという北川さんだが、関西弁で話す人がひとりでも現れるとすぐに自分もつられて関西弁になってしまうらしい。彼女がテレビで全然訛りもなくクールに標準語を話しているのは実は偽りの姿であって、いつも関西弁を出さないようにと必死なんだとか。

 女優「北川景子」としてのイメージを大事にしているのだろうけど、関西弁でテンポよく話す北川さんのほうが、実際はお笑い好きで三枚目タイプらしいチャキチャキした彼女の雰囲気に似合っているような気がする。まあ、ドラマや映画の役柄では標準語のセリフになることが多いと思うが。同番組ではMCの笑福亭鶴瓶がバリバリの関西弁なので、今回は「関西弁でやってぇ~や~♪」という鶴瓶のリクエストもあって、終始“関西弁の北川景子”を全開で発信していた。

 同番組の出演が今回で2回目ということもあり、番組では前回出演時とはまた違った角度から北川さんについての取材を試みたようで、デビュー時にまつわるエピソード秘話が中心となっていた。鶴瓶は北川さんのデビューしたての頃を見てみたいと思って、彼女の女優デビュー作となったドラマ『美少女戦士セーラームーン』を視聴したそうだ。

 当時17歳だった北川さんが、劇中のセーラーマーズ役の衣装を纏っている写真が映し出されると、彼女は照れくさそうに笑い出してしまった。スタジオの観覧席からは「え~!?」「カワイイ~!」と驚きと絶賛の声が上がっていた。確かに可愛らしいのだが、今の“女優・北川景子”のクールなイメージからすると、少女アニメのキャラクターというのはだいぶかけ離れているかもしれない。

messy

トピックスRSS

ランキング