物足りない日本の五輪実況をジョニー・ウィアー解説と比較

messy / 2014年2月22日 9時0分

写真

スポーツ実況inJAPAN

 私はスポーツに関してはとんと不調法者でして、ほとんど拝見することもないのですが、フィギュアスケートとなると、話は別です。競技ルールに関してはちっとも詳しくないし、ルッツ・ジャンプとフリップ・ジャンプの見分けすらつきません。けれど、古くはターニャ・ハーディングとナンシー・ケリガンの戦いの時代から、このスポーツに私は魅了されてきました。

 先週は、日本の19歳、羽生結弦選手がフィギュアスケート日本男子としては初の金メダルを獲得しましたね! それも、ショートプログラムでは世界最高得点、史上初の100点超えの演技で。ワタクシ、テレビに張り付いて観戦しておりましたが、非常にありがたいものを見せていただいた気持ちでいっぱいでした。ありがたい、というのは、羽生選手が人智を超えた存在のようで、彼の背後にキラキラとした後光が射して見えたからです。五条の橋で弁慶の上をひらり、ひらりと飛び越える牛若丸も、こんなかんじだったのかなぁ……、と。

インターネットで調べれば良いが…

 このようにテレビでフィギュアスケートが拝見できるのは、非常にありがたいことではあるのですが、同時に、私はいつも、ある種のもやもやも感じます。それは日本のフィギュアスケート実況・解説の、圧倒的情報量の少なさに対してです。

 例えば、羽生結弦選手がフリープログラムでお召しになった衣装は、ジョニー・ウィアー氏のデザイン。ジョニー・ウィアー氏といえばトリノオリンピックとバンクーバーオリンピックで入賞した米国の元フィギュアスケート選手です。その衣装は、ピンクと緑の宝石が散りばめられたようなデザインが印象的でしたが、ピンクと緑は、羽生選手のラッキーカラーなのだそう……(注1)。

 などなどの情報を、私インターネットから得たんですが、もうちょっとその辺の情報も与えてくれるような実況と解説を、テレビでもやってくれないものかしらね~? なんて、思っちゃったワケですよ。

 「ふん、これはあくまでもスポーツの実況。衣装のことやラッキーカラーのことなど解説する必要などないわ!」というのが理由だとするならば、ジャンプやスピンの採点に関する解説は、足りていると言えるでしょうか。今回、羽生結弦選手、フリーの演技では2回ジャンプの着地に失敗しながら、金メダルを獲得したじゃないですか。それは見ていてとても嬉しかったし、羽生選手の演技には、文句なしに金メダルの価値があると思います。が、具体的には何がどーなって2位のパトリック・チャンに勝ったの? そのあたりの詳しい採点のことだって、知りたいじゃあないですか。

messy

トピックスRSS

ランキング