あいのり桃「ついに彼氏ができました」でバッシング、離婚から7カ月

messy / 2019年2月22日 0時30分

写真

『あいのり』(フジテレビ系)の元出演者でタレントの桃が、2月17日にブログを更新。「ついに彼氏ができました」と報告した。

 ブログで桃は「あまりに急展開。気持ちってこんなに急に変わるもんなんだなって自分でもびっくりするよ。本当は付き合って1カ月くらいたって安定したらみんなにも報告しようかなって思ったんだけど、みんなのコメントが嬉しかったから、もう言っちゃう」とコメント。続けて「本当、最近は将来に不安しかなくて、日々は充実してて笑っていても、どこか心から幸せって気持ちになれてなかったから、なんかすごくホッとした気持ちで涙が溢れたよ」と喜びを露わにしている。

 お相手の男性についての具体的な情報は明らかにされていないが、「安定したらどんな人か、発表するね」とのこと。同ブログには満面な笑みを浮かべる桃の画像も投稿されている。

 幸せそうで何よりだが、ネット上では「ついに彼氏が~」という表現に違和感を覚える人も。彼女は昨年7月に元夫との離婚を発表したばかりなので、「『ついに』ではなく『もう』の間違いでは?」「7カ月ちょいしか経ってないのに『ついに』はおかしいでしょ」との声が相次いだ。



 重箱の隅を突くような批判だが、離婚から7カ月での新恋人は「ついに」という待望感に欠けるということらしい。

 しかしである。桃は元夫とは“友達”のような状態が長く続いていたと明かしている。心情的には「ついに」が適当なのではないか。

 離婚を発表したブログでも「本当に本当に幸せな9年間でした」と振り返りながら、「男とか女とかそういうものを通り越して、仲の良い兄妹のようになってしまいました」「気付いた時には、お互いその行為が考えられなくなってしまったのです」とセックスレスを告白していた。

 肉体関係のない夫婦が良い・悪いという問題ではなく、彼女は子どもが欲しかったこともあり、友達状態の夫婦生活は耐えられなかった。新しい彼氏ができてそんな彼女の理想に一歩近づけたのだから、喜びもひとしおなのだろう。

 ちなみに昨年は自身のブログで、きゃりーぱみゅぱみゅと食事に行ったことを報告。またPerfumeの西脇綾香と韓国旅行に行ったことも明かしていた。きゃりーの誕生会にも参加しており、桃の人脈はとにかく濃いことで有名だ。反面、そうした交友関係の広さが「人妻のくせに」「旦那を大事にしやがれ」とバッシングを浴びてもきた。新恋人の存在を公表したことで、この動きはまた活発化するのだろう。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング