みちょぱ「巨乳だとおっぱいに目がいっちゃう」、水野真紀「貧乳すぎてブラがない」胸の悩みを語った女性芸能人たち

messy / 2019年5月5日 20時0分

写真

 羨望を集める女優やモデルといった芸能人も、自分なりのコンプレックスを持っている。最近は、カリスマモデルとして男女問わず人気の“みちょぱ”こと池田美優が、「胸」の悩みを告白した。

 今年4月に放送された『噂の現場急行バラエティー レディース有吉』(フジテレビ系)で、たびたび貧乳をネタにしている鈴木奈々が、「さっきみちょぱの胸を触った」「おっぱいおっきいんです」と暴露。事実、みちょぱはバストサイズが上がったそうだが、それを嬉しく思っているわけではないという。

 みちょぱは、「私はやっぱりモデルとしてやりたいので、やっぱり巨乳だとおっぱいに目がいっちゃうのが嫌」と打ち明けた。女性視聴者からは「贅沢な悩み」「貧乳に対する嫌味かな?」との感想もネットに寄せられていたが、みちょぱは「手術できるならしたい」とまで発言しており、職業柄「巨乳」は望ましくないと本気で考えているようだ。

 ちなみに同番組によると、実際に海外セレブの中には“減乳手術”をする人も少なくないという。ではモデルではなくグラビアアイドルならどれだけ巨乳でも困ることはないだろう……といえば、それもまた違うらしい。巨乳をウリにしてきた筧美和子は、グラビアアイドル兼モデル(モグラ)だが、胸の悩みが尽きないという。



●筧美和子

 筧美和子は女性ファッション誌にモデルとして登場しつつ、巨乳を武器にグラビアなどでも活躍、最近では女優業にも挑戦と仕事の幅を広げている。4月スタートのドラマ『あなたの番です』(日本テレビ系)ではナース服姿を披露し、主に男性目線で「エロすぎるでしょ」「こんな巨乳のナースがいたら診察どころじゃない」と喜ぶようなドラマの感想が相次いでいた。

 柔らかそうな“美ボディ”は、女性からも憧れの視線が向けられているが、彼女はそのボディに自信と誇りを持っているわけでもないようだ。以前、『痛快! 明石家電視台』(TBS系)では、「胸が邪魔になる」「形に自信がない」などと告白したことがある。

 モデルの仕事をするときは、胸が小さく見えるブラジャーをつけているとのこと。また日常生活にも支障があり、ジャンプをしただけで衝撃が大きく、胸に激痛が走るという。他人は「エロい」「羨ましい」などと不躾な視線を送るが、当事者には深い悩みがあるものだ。

●水野真紀

 バストの形や大きさは女性によって様々。大きすぎることで悩む人もいれば、小さくて悩みを抱える人も少なくない。ベテラン女優の水野真紀は、以前『中居正広のミになる図書館』(テレビ朝日系)で自身のバスト事情をカミングアウト。政治家の妻でもある彼女がそうした発言をしたことは意外ではないだろうか。

 番組では「芸能人弱音川柳」という企画が行われたのだが、彼女は「小胸ブラ おおむね店に 売ってない」との川柳を披露していた。

 水野真紀は、最近の女性は発育がいいためか、小さめのブラジャーがあまり売っていないと主張。ちなみに彼女のサイズは“AA”だという。スタジオでは驚きの声が上がっていたが、視聴者の中には「これ本当にわかる! わざわざ採寸した後に『今サイズがなくて……』って言われるから余計に腹が立つ!」「もっとバストが小さめな女性のことも考えてほしい」と共感する人も。同じような悩みを持つ女性は多いのではないだろうか。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング