それって本当にオシャレなの? 芸能界オシャダサ選手権2014・春

messy / 2014年5月3日 12時0分

写真

 InstagramやWEARなどでコーデ写真をアップしているユーザーをウォッチしていると、たとえシャネルやグッチのようなハイブランドのアイテムを身につけていても、全くオシャレに見えない人もいれば、ユニクロだけでまとめたコーデが最高にバランスよくまとまっている人もいて、金をかけるばかりがオシャレではないことを思い知らされる。とはいえオシャレというのは実に曖昧な言葉でもある。人それぞれに思う“オシャレ”の理想型が異なっており、流行はあれど結局のところ主観でオシャレかそうでないかを判断するからだ。

 しかし、そうはいっても、大多数が“さすがにこれはないんじゃないか?”と首をひねるような着こなしをドヤ顔でUPしている人がいることは確かだ。それも、一般人ではなく芸能人に多い。自身のセンスの見せ所とばかりにアパレルブランドを立ち上げる女性タレントや、私服をブログにアップする女性タレントたち――。「オシャレ芸能人」というテイで仕事をしている彼女たちだが、果たして彼女たちは本当にオシャレなのだろうか?

【トンガリすぎ部門】

 オシャレじゃないのでは? そんな疑惑の筆頭に位置するのが元AKBでモデルとしても活躍している篠田麻里子(28)だろう。今年の1月には、テレビ出演時に着用している私服がヤバいと話題になっていたが、この時の篠田は、ダメージ加工の施された薄めのユルいデニムに、直径1センチ以上はありそうなパールみたいな飾りがクリスマスツリーのように適当な間隔で縫い付けられたストライプのショートジャケット、さらにその下は、これまたショート丈の黒いピタピタのタートルを着ていた。腹は大胆に見せている。ショート丈トップスが昨今流行っているとはいえども、あくまで腹がチラ見えする程度のレベルであり、ここまでの腹見せはオシャレという枠を越えているようにも見える。

 また昨年10月に『PON!』(日本テレビ系)に出演した際に着用していた衣装も同じく腹見せトップス。かなりの変形シャツで、前身ごろはアンダーバストの位置より5センチほど下で切れていて、後ろ身ごろは前身ごろよりもピッチの大きな格子柄で長さもお尻が隠れるぐらいのもの。これに黒レザーのタイトスカート(そして同じくニットキャップ)を合わせていた。確信犯なのか何なのか、この衣装で『お尻&お腹&デコルテすっきり』を目的としたストレッチ(両手を後ろで組む)を行っていたため、前身ごろがさらに持ち上がり、下乳が見えそうで見えないぐらいの位置に来てしまっていた。一見“個性派”を目指しているようにもみえるが、ただの“露出したがり”にしか見えないのが悲しいところである。番組出演時の衣装なのだから、おそらく自前ではなくスタイリストが用意したものだと考えたいが、篠田本人とお抱えスタイリストは相当仲が良いらしいので、ほぼ篠田の意向を反映したスタイリングなのだろう。私服もまんま、こんな感じだ。

messy

トピックスRSS

ランキング