意外なアレが原因に?! メイク崩れを引き寄せるNG習慣3つ

michill / 2018年8月6日 10時0分

写真

メイク崩れ防止下地を使ったり、仕上げミスト化粧水を吹きかけたりしてメイク崩れ対策をしているのに、夕方近くなるとメイクが崩れてしまう…というお悩みをお持ちではないですか?そのメイク崩れ、もしかしたら意外なアレが原因かも! 今回は、見落としがちなメイク崩れを引き起こすNG習慣をご紹介します。

メイク前のスキンケアを怠っている

メイク崩れとは一見関係ないようなメイク前のスキンケア。実は、メイク崩れの原因は汗や皮脂だけではなく、スキンケア不足によって水分と皮脂のバランスが乱れて乾燥することも原因のひとつなのです。

メイク崩れだけでなくニキビやテカリなど、悪者にされがちな皮脂ですが、本来は肌に必要なものなので、皮脂や水分が不足してしまうと乾燥しているから皮脂を出そう…と過剰な皮脂分泌に繋がってしまうのです。

その上夏は冷房によって肌の水分が奪われがち。

メイク崩れを防ぐためには、スキンケアの時点で水分と油分をしっかり与えることが大切です。その後5分ほど置いてなじませてからメイクを始めると、抜群にメイク持ちが良くなります。

ファンデーションを厚塗りしている

クマやくすみ、シミ、毛穴などなど隠したいものはたくさん。しかし、隠そうとしてファンデーションを厚塗りしてしまうとこちらもメイク崩れの原因に。

なぜなら、時間が経つと肌から出た皮脂とファンデーションの油分が混ざってしまい、テカリやヨレなどメイク崩れに繋がってしまうから。
その上、肌本来のツヤや透明感、立体感を損なってしまうため、老けた印象になってしまうことも…。

メイク崩れを防ぐためには、ファンデーションはワンプッシュ程度をスポンジで極限までたたきこむようになじませて、それでもアラが気になるところにはコンシーラーをたたきこんでベースメイクを完成させましょう。

良かれと思っているお直しの仕方が良くないのかも…

ヨレてしまったメイクをどうにかリカバリーしようとしていることが、更なるメイク崩れを引き起こしているかもしれません。

メイク直しの際、皮脂をあぶらとり紙で取り除いていませんか?先ほどもご紹介した通り皮脂は肌のうるおいを守るのに必要なもの。あぶらとり紙は肌に必要な皮脂を取り除きすぎてしまう可能性があります。

エアコンなどによって乾燥した皮脂をあぶらとり紙によって取り除きすぎてしまうと、どんどん皮脂が分泌されてさらにメイクが崩れる…というイタチごっこに。

日中テカリが気になる場合は、ティッシュで軽く皮脂を押さる程度にしましょう。その後、フェイスパウダーで肌を整えるだけでメイク直しは完了。

炎天下の元、長時間外にいてメイクがドロドロに崩れてしまっている場合は、その上からメイク直しをするのではなくいったん乳液を含ませたコットンでオフ!まっさらな肌の状態にしてからファンデーションを薄く叩き込んでメイク直しをしましょう。

メイク崩れは普段の生活で何気なくしている行動が引き起こしている可能性があります。

メイク崩れ防止アイテムを使っているのにメイクが崩れる…という方は見直してみてくださいね。

「#メイク崩れ」の記事をもっと見る

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング