手持ちアイテムに+1で♡プチプラコスメで叶える秋っぽメイクテク5選

michill / 2018年9月17日 8時0分

写真

続々と新色&新製品の秋冬コスメが発売されているものの、すべてを新しいアイテムに買い替えのはちょっと…という方に、手持ちのコスメ、プチプラのアイテムだけでトレンド感のあるメイクへとシフトチェンジするアイデアをご紹介します。

スキンケアと下地で肌のくすみをカバーする

スキンケアで十分に肌を潤して乳液やクリームでフタをしたら、ファンデーションを塗る前に、肌色補正効果のある下地を使用することをおすすめします。

透明感を演出するには、ややピンク味を帯びた下地が効果的です。

例えば、セザンヌの「UV ウルトラフィットベース N(680円【税抜】)」は、むらなく肌にフィットして保湿しながら肌色を明るく整えてくれるまさに神・下地。

秋でも皮脂崩れが気になる人はTゾーンや小鼻のみに「皮脂テカリ防止下地(600円【税抜】)」を使用すればOK。

また、韓国コスメ、「ペリペラ」の「インクハイライター(筆者は韓国通販・クリマレにて540円【税抜】で購入)」など、ナチュラルな質感のハイライターで、光の印象を操るのも効果的です。

手持ちカラーのリップをニュアンスチェンジ。マットはプチプラで

春先から夏にかけて愛用していた鮮やかなピンクやレッドのルージュが、ドレッサーにたくさん!という方は、ニュアンスチェンジするリップアイテムを使用すれば、すぐに秋色にシフトできます。

マットなリップは、プチプラにも名品があります。

例えば、「ミシャ マジカルティントのミステリアスブラック(1,000円【税抜】)」を、手持ちのピンクのルージュに重ねれば旬のくすみピンクに、レッドのルージュに重ねればボルドーに。旬のリップカラーに変身します。

マットトレンドは、キャンメイクのリップティントマット(全33色 650円【税抜】)で間違いなし!

くすみカラーのグラデーションアイメイクにする

目元メイクは、スモーキーなくすみカラーと、パールやラメの輝きを織り交ぜて奥行きのあるグラデーションを彩るのが旬。

新作パレットを手に入れたいところですが、既存のなかにも、まるで新作のようなものがあるのでぜひ探してみて!

例えば、「キャンメイク ジューシーピュアアイズ(600円【税抜】)」は、メタリックカラーとくすみカラーのグラデーションが作れるまさにトレンドど真ん中のプチプラアイシャドウパレット(画像は、10ナイトラベンダー)。

また、手持ちにブラウンが多いという方は、少し赤味のあるシングルカラーを手元において、目じりにほんの少しプラスするだけで旬な雰囲気が纏えます。

チークは今期の限定色や新色に似ているカラーを選ぶ

秋冬・限定色には、深みのあるマットなボルドーや、オレンジがかったブラウンが多く見られました。

肌をきれいに見せるのなら、ボルドーアイに合わせてチークもマットなボルドーにするのが失敗なくておすすめです。

「キャンメイク パウダーチークス(550円【税抜】)」の既存色、「PW39 スミレパープル」は肌に透明感を与えてボルドーの似合う肌色に整えてくれます。

また、「PW38 プラムピンク」はセザンヌから9月発売の「ナチュラル チークN 16 カシスローズ(360円【税抜】)」のそっくりカラー。マットな質感でふんわりと自然な血色感を添えてくれます。

パウダーでハーフマットのシフォン肌に整える

ツヤのある肌の質感の人気は不動。

ですが、落ち着いたカラーのメイクを施した肌に必要以上のツヤがあるとテカリに見えてしまうので、秋冬こそふんわりとした質感を演出してくれるパウダーをぜひ用意して。

例えば、エチュードハウスのフィックス&フィックス パウダーフィクサー(1,100円【税抜】)は、100%純白のミネラルパウダーが肌になめらかにフィットして粉っぽさゼロ。お肌のキメを整えて、ふんわり質感をキープしてくれます。

もちろん、トレンド感を纏えばいいというものでもありません。が、ファッションも秋冬ものが店頭に並ぶ頃。メイクがちぐはぐになってしまわないように、手もとにあるものとプチプラを活かしてメイクする方法を考えてみました。ぜひ参考にしてくださいね。

※記事内の商品価格は筆者購入時の価格です。

「#メイク術」の記事をもっと見る

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング