短くても関係ない!ショートやボブでもできるパーティーアレンジ

michill / 2018年10月21日 10時0分

写真

秋、冬はファッションと共にヘアスタイルも変化する季節です。涼しくなってくると髪を結ぶ機会が少なくなり、ばっさり切る方も増えます。髪を短く切った時に不安なことは、短いスタイルでヘアアレンジが出来るかどうか。今回はショートヘアやボブでも出来るヘアアレンジをご紹介します。

ミディアムボブの方でもできる♡お呼ばれヘアアレンジ

最初にご紹介するヘアアレンジは肩につくくらいのミディアムボブのヘアアレンジです。秋冬は冠婚葬祭、特に結婚式の数が多くなりお呼ばれスタイルに苦悩する方も多くいらっしゃると思います。肩まで長さがある場合はアップスタイルにすることが出来ます。

① ヘアアレンジの前に髪全体にスタイリング剤をなじませて、ヘアアレンジがしやすい状態にしておきます。直毛の方は毛先だけコテかアイロンでワンカールだけつけておいて下さい。

② 後頭部の髪を2,3回編み込み、毛先をゴムで縛ります。今回はやや斜めに編み込んで下さい。

③ 後頭部の編み込みに沿って片編み込みをして、ねじりながら②で結んだゴムの位置まで持っていきます。反対サイドの髪も同様にねじってきたら2つの毛先をゴムで縛り「くるりんぱ」をして固定します。

④ 残りの髪もねじり編みをしながらなるべく隙間が開かないようにゴムで縛ります。「くるりんぱ」をしたらしっかりと締め上げて下さい。

⑤ 残った毛先を2つに分けてねじりを加えたら毛先をゴムで縛ります。ゴムで縛ったら襟足の付け根あたりでピンで固定します。最後に全体を程よく崩して完成です。

崩す時はそれぞれのパートごとに頭の形を考えて丁寧に崩します。はじめの編み込みを横にずらすことで少し個性が出て、周りとかぶらないお洒落なヘアアレンジが完成します。

ショートボブの方におすすめ♡ハーフアップヘアアレンジ

肩より短いボブのヘアアレンジもご紹介します。肩より短い場合は無理にアップスタイルにせず「ハーフアップ」にするのをおすすめします。ハーフアップでしたらセルフでも十分できると思いますので是非お試し下さい。

① 全体にスタイリング剤を揉み込んでなじませておきます。

② 後頭部に編み込みを作り毛先をゴムで縛ります。

③ 編み込みに沿って両サイドの髪を2つに分けて片編み込みをします。両サイドの毛先を真ん中でゴムで縛り「くるりんぱ」を加えます。

④ 残しておいた両サイドの髪も片編み込みをして毛先をゴムで縛り「くるりんぱ」をして最後にしっかりと締め上げます。

⑤ 編み込みの部分を丁寧に崩して立体感を出し、まとめていない毛先の部分はコテかアイロンで程よく巻いたら完成です。

今回の「ハーフアップ」も先にご紹介したヘアアレンジと途中までの行程はほとんど変わりませんので、先にハーフアップを練習してからアップスタイルをするという順番でヘアアレンジの幅を広げていくとうまくいくと思います。

髪が短い場合でも細かくパートを分けてまとめていくと意外と簡単にヘアアレンジが出来てしまいます。秋、冬に髪を短く切ってしまいたい方でもこの方法で雰囲気を変えることは出来ますので、是非色々なヘアスタイルに挑戦して下さい。

「#ボブ」の記事をもっと見る

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング