ピンクメイクは苦手…の意識が変わる人続出!「WHOMEE」のパンジーピンクが大人可愛い♡

michill / 2019年6月3日 10時0分

写真

美容部員の経験や日本化粧品検定1級の知識を活かして美容情報発信中の美容ライター、みーしゃです。今コスメマニアの間で話題になっているのがWHOMEEのアイシャドウ。特にパンジーピンクが可愛いと購入者が続出♡これは試してみたい!

WHOMEEのアイシャドウ4種が超かわいい♡

WHOMEEが一周年のタイミングで発売したのが「アイシャドウ」4種類。なんと全部「ピンクがベース」という驚きのシリーズ展開なんです。

値段も手ごろ・粉質もよいとあって全色買いする人も少なくない!綺麗な発色と繊細な粉質でアイメイクが簡単に仕上がるだけでなく、今までのメイクとは全く違う仕上がりになります。

王道ブラウンの「センターピンク」、ピンクが3色詰まった「ビリーブインピンク」、鮮やかなオレンジとピンクが特徴的な「サンセットピンク」、そしてブルーとピンクの組み合わせが印象的な「パンジーピンク」の4種類です。

「パンジーピンク」がオトナ女子から大人気♡

今回のアイシャドウの中で一番注目を浴びたのが「パンジーピンク」。見た目はピンクとオレンジとブルーという奇抜な3色に感じますが、これがとても可愛い!

混ぜるとパープル系のアイメイクになってまさに「パンジー」。オレンジをメインにしたり、ピンクをメインにすることで仕上がりは全く異なります。

今回のメインが全部「ピンク」とあって、オトナ女子の方からは使いこなせるか不安…との声もあったのですが、このパレットはそんな方にこそおすすめしたいアイテム。

ピンクが苦手・ピンクに抵抗感があるという方も是非この機会にトライしてみてくださいね♡

大人のピンクメイクは何が正解?

大人のピンクメイクは「ピンクの明るさ」と質感と入れ方が全部大切。

明るすぎるピンクは肌から浮きやすく、つやつや・ラメラメのアイシャドウは使いこなすのがちょっと難しい。彩度を落としたくすみピンクは大人の目元を彩ってくれる大切なカラーです。

いれる範囲も狭め・グラデーションよりもふんわり。古臭くならないようにばばっと塗ったほうが今っぽいメイクになります。

コスメマニアがこぞって買い集めるアイシャドウは使ってみたい魅力の詰まったコスメです。お値段も手ごろなのでぜひお試しあれ♡

「#アイシャドウ」の記事をもっと見る

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング