【シゴトを知ろう】シナリオライター(劇作家) 編

進路のミカタ / 2018年4月27日 12時5分

写真

映画『リバーズ・エッジ』や『アズミ・ハルコは行方不明』の脚本を担当している瀬戸山美咲さん。自身の劇団「ミナモザ」では社会と人間の関係を描き、2016年に再演作品『彼らの敵』が第23回読売演劇大賞優秀作品賞を受賞しています。演劇、映画、ラジオドラマと、シナリオライター・劇作家として幅広い活躍をされている瀬戸山さんに、仕事内容について伺いました。

■最もワクワクするのは、自分の作品をお客さんに初めて見せる瞬間

Q1. 仕事概要と一日のスケジュールを教えてください。
 
私は演劇や映画・テレビ・ラジオなどの台本を書いています。台本のことを演劇の場合は戯曲、その他の分野では脚本やシナリオと呼びます。なお、演劇の台本を書く人は劇作家、その他の分野の台本を書く人はシナリオライターや脚本家と呼ばれています。完全にオリジナルの作品もあれば原作がある作品もあって、媒体や依頼によってさまざまです。私は演劇の分野では「ミナモザ」という自分の劇団を持ち、戯曲の執筆に加えて演出の仕事もやっています。演出とは映画でいうところの監督のようなものです。

台本の執筆には準備も必要です。私は実在の人物をモデルに作品を書くことが多いので、題材が決まるとまずご本人やその人を知る方に会いに行って話を伺います。その他にも、関連する場所に行ったり、本を読んだり、映画を観たりします。実際に体験しないと分からないことがあれば、できる範囲で体験もします。例えば主人公が登山をする人だったら自分も登山に行ってみたりして、身をもって得た情報を作品につなげていきます。

<一日のスケジュール>
9:00 起床
10:00 喫茶店に行って資料の本を読む/プロデューサーや監督と打ち合わせ
13:00 執筆もしくは取材(舞台公演があるときは稽古)
19:00 舞台を観に行く
22:00 帰宅
1:00 就寝
 
 
Q2. 仕事の楽しさ・やりがいは何ですか?
 
自分自身が「面白い」「観たい」と思えるものが書けたときに楽しさを感じますね。書いている最中、自分の心がグッと動く瞬間がくると「やった!」と思います。そうして出来上がった作品を最初にお客さんに観たり聞いたりしていただくときが、この仕事をしていて最もワクワクする瞬間です。

 
Q3. 仕事で大変なこと・つらいと感じることはありますか?
 
書くために机に向かうまでの時間が一番つらいです。不安で逃げたくて仕方がなくなるのです。皆さんの中にも試験前にソワソワして漫画を読んだり、部屋を片付けたりしてしまう人がいると思いますが、まさにその状態になります。そういうとき私は、強制的に机に座るために、パソコンや本を持って喫茶店などに行きます。一度書き始めてしまうと、不安は徐々に消えていきます。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング