笑顔の無い撮影は初めて!? 『未確認フェスティバル』応援ガール・高橋ひかるさん

進路のミカタ / 2018年7月11日 19時53分

写真

10代アーティスト限定の音楽フェス『未確認フェスティバル』を知っていますか? まだ世に出ていない10代の才能を発掘するこのイベントは、いくつかの審査を経て、最終的にはライブ審査で優勝者が決まります。今回は、10代アーティストを応援する”応援ガール”のお披露目会に潜入しました。

■応援ガールの高橋ひかるさんが登場

8月26日(日)東京・新木場STUDIO COASTで行われる、『未確認フェスティバル2018』の最終ライブ審査。実はこの審査に参加できるのはいくつもの審査を勝ち上がったツワモノのみ。総応募者数3,067組の中から各審査を勝ち上がった数組のみが立てる場所なのです。昨年の未確認フェスティバルでは、これまで誰にも音楽を聞かせたことがなく、家で音楽を作っていたというリツキさんが優勝しました。

こんなエピソードもある通り、今まで誰にも確認されてこなかった才能を見つけるこの『未確認フェスティバル2018』。このイベントを盛り上げるための応援ガールとして就任したのが、この夏石原さとみさん主演で話題のドラマ『高嶺の花』にも出演される高橋ひかるさんです。

■イベントポスターでは笑顔無しの撮影も

応援ガールである高橋さんが登場し、まず披露されたのがイベントポスター。このポスターは全国のタワーレコードに貼られるものです。

この時初めて完成のポスターを見たという高橋さんは、「自分じゃないみたい」と感動した様子でした。撮影時のエピソードとして、「今回はメッセージ性を重視し、10代にしか分からない葛藤・強い気持ちなどを表現するために、目で思いを伝えようと撮影した」と話しました。普段は笑顔で撮影することばかりなので、笑顔の無い撮影に最初は戸惑ったそうです。

■イベント当日にも登場。今から楽しみと語る高橋ひかるさん

高橋さん自身、アイドル・バンド・アーティストなど、さまざまな音楽を小さい頃から聞いていて、今回のイベントのゲストアーティストの中で、特に好きなのは『Official髭男dism』だそう。しかしまだライブやフェスには行ったことがないため、今回のイベントがとても楽しみだと話しました。

現在未確認フェスティバルの審査に残っているアーティストの音源も聞いたという高橋さん。これが同世代かとびっくりする。こんな発想どこから湧き出てくるのか、直接聞いてみたいほどだと驚いていました。

最後に最終のライブ審査へのメッセージとして「前だけ向いて楽しめ!」と黒板に書いた高橋さん。当日は自分の思いを伝えられたり、伝わってきたりるする場所だと思うので、やりたいことを後悔しないよう、自分のことだけを考えて前だけ向いて全力で楽しんでほしいと話しました。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング