【2019年高校総体】明星高等学校 陸上部

進路のミカタ / 2019年7月30日 12時4分

写真

今年3回目のインターハイ出場となる女子800mのヒリアー紗璃苗さんと、今年初出場の男子100m塚口哲平君。
いつも練習していた競技場が改修工事に入り、限られた場所での練習しかできないというピンチにも負けず、今ある環境で自分たちを追い込み、高校最後のインターハイでの優勝を狙います。お二人にご自身の強みや大会への意気込みなどを伺いました。

■限られた環境の中でいかに自分を追い込む練習ができるかを考える

―― 練習がある平日のスケジュールを教えてください。

塚口:朝練は自主参加です。僕は1カ月に1回くらい参加します(笑)。朝は軽く体を動かす程度ですね。夕方は16時頃から練習を始めます。
僕らはある程度自由に練習させてもらっているのですが、みんなはアップ後ドリルをして、流しで軽く走って、各種目に分かれてアップ。その後先生から出されたメニューをこなします。そして補強をしたりして、18時半くらいで終わることが多いですね。

ヒリアー:5月頃から以前練習していた競技場が改修工事に入ってしまったので、校内にある50mレーンで主に練習しています。18時半過ぎには他の部活の生徒が帰ってグラウンドを広く使えるようになるので、そこから最終下校時刻の19時頃までグラウンドを走っています。でもグランドでは砂なので、競技場のタータン(合成ゴム)とは環境が違います。砂のほうが滑るし、スパイクでも走れません。その分この環境の中でどれだけ厳しい練習をして自分を追い込むことができるかを考えて練習しています。ただカーブなどの練習ができないのは大変ですね。

―― 普段のトレーニングや練習で意識的に行っていることはありますか?

塚口:僕は部長として、学校支給のiPadを使ってアップから全体練習までの動画を撮って見返す練習法を提案させてもらいました。動画からは分かることだらけ。速い選手やフォームがきれいな選手と自分を見比べて、改善できる部分を探すようにしています。

ヒリアー:私は本番のレースを想定した練習をするようにしています。スタートを切るとき、毎回塚口君にスタートの合図を出してもらって、本番の真似をしています。練習中に本番の雰囲気や緊張感をイメージすることが自分の中では一番大事だと思っています。

■自分より速い選手を目標に、動画で徹底分析

―― ご自身の強みやここは負けない!という部分はありますか?

ヒリアー:もっと速くならなきゃとは思っていますが、今までのレースを考えてみても最後200mの追い上げが自分の強みだと思っています。レース後半で競り合いになったら、「絶対に勝てる」と思います。
南関東大会でも後半に追い上げて勝ちましたが、それは最初からの作戦で、その大会で優勝するためのレース展開でした。でもそのやり方では良いタイムは出ません。全国の舞台ではタイムをより意識して走りたいと思っています。

塚口:僕はスタートしてからの3歩の速さが強みだと思っています。出だしでは絶対負けません。
山縣選手もスタートがものすごく速いので、そういう選手の動画を見て重点的に練習したりしています。飛び出してからのストライド(歩幅の広さ)と接地してからの切り替えの速さを意識しています。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング