【シゴトを知ろう】動物看護士(師) ~番外編~

進路のミカタ / 2019年9月18日 13時48分

写真

「【シゴトを知ろう】動物看護士(師) 編」では、クロス動物医療センター葛西の阿片俊介さん、横田静葉さんのお二人に、動物看護師の仕事内容や魅力などについて伺いました。番外編ではより詳しく、動物看護師ならではの「あるある」や今後の目標などについてお伺いします。

■ペットの病気全般の知識を習得して「先を読む力」をつける

―― 動物看護師は、具体的にどんなことを学ぶ必要があるのですか?
 
阿片:まずは検査の仕方や、カルテ通りに薬をつくる調剤の方法、入院中のペットのお世話など、通常業務に必要なことを学んでいきます。これらをスムーズに行えるようになれば、次に大切になるのが「先を読む力」です。この後に何が行われ、何の準備が必要になるかを想像する力です。例えば飼い主様へ問診をする際にも「どの検査をするのか」「どのような治療で何の薬を出すのか」など先の流れをイメージしながら聞けると、準備がしやすいですし、診療もスムーズに進みます。

ただ、このように先をイメージするためには、ペットの病気に関するさまざまな知識も必要です。つまり、学ぶ順序としては、まず基本となる業務の知識。そして次に病気全般の知識を身に付けていきます。これらの知識がしっかりと身に付いたら、その後は自分の強みとなる得意分野を磨いていくと良いでしょう。

―― 入院中のペットのお世話をする際は、どんな点に注意しているのですか?

横田:長いと1カ月以上入院するペットもいるので、スタッフ全員で連携をとり、些細な変化も見逃さないように注意しています。「お腹が少し緩かった」などの細かなことも、スタッフ間で共有していくことが大切なんです。例えば子犬の場合、体重500gの子が10g痩せてしまっただけでも大問題です。ワンちゃんは人の5倍の速さで歳をとる分、体調が悪くなるのもすごく早いんです。

■犬・猫からフクロウ・フェレットまで、さまざまなペットが来院

―― この業界にいるからこそ知ったことはありますか?

阿片:飼い主様のタイプはさまざまであるということです。自ら勉強をしてこまめにペットのお世話をされている方もいれば、お世話の仕方をご存じない方もいます。日々のお世話は、ペットの健康状態に大きく関わってきます。

ブラッシング不足により毛玉まみれになったトイプードルや長毛種の猫が来院することもあるのですが、毛玉が付きすぎるとひどい場合には皮膚がただれたり、はがれたりしてしまいます。飼い始める前に、まずはそのペットのお世話の方法についても知っていただくことがとても大切だと感じています。


―― 一緒に働いている人は、どんな人が多いのですか?

阿片:共通点としては、動物好きであるのはもちろん、全員がペットを飼っています。みんなペットに対する愛が深いですよ。ちなみに私はサビ色のマンチカン(猫)を飼っています。サビ色のペットが病院に来るとすごく親近感が湧きます(笑)。

 
―― この病院にはどんなペットが来るのですか?

阿片:ワンちゃんとネコちゃんがほとんどです。ワンちゃんのなかには動物看護師が大好きで、毎日散歩の途中にクロス動物医療センター葛西へ寄って、私達の顔を見ないと満足して帰らない子もいます。ずっと扉の前で私達を待っている姿は、本当にかわいいです!

また、週に1回エキゾチックアニマルの診療があり、そのときは、いろいろな動物が来院します。亀などの爬虫(はちゅう)類や鳥類、うさぎ、フェレット、デグーが多いのですが、前に一度大きなフクロウが来たときは驚きました。あとは、アフリカに多くいる色鮮やかなインコが来たこともあります。

横田:私は爬虫類や鳥について勉強中なので、エキゾチックアニマルの診療はとても楽しいです。専門の獣医師もいるのですが、勉強したことや気になることを質問して教えてもらうこともでき、とても充実しています。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング